#告発状 モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)と小倉秀夫弁護士(東京弁護士会)の刑事責任追求の表明/貴方がやったとされる行為が許されるべきものであるとする資料に私のツイートが使われるのだとしたら・・・

告発に至る経緯/珠洲警察署/モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)と小倉秀夫弁護士(東京弁護士会)の刑事責任追求の表明/貴方がやったとされる行為が許されるべきものであるとする資料に私のツイートが使われるのだとしたら・・・

:CATEGORIES: @kanazawabengosi #金沢弁護士会 @JFBAsns 日本弁護士連合会(日弁連) #法務省 @MOJ_HOUMU #小倉秀夫弁護士

〉〉〉 Linux Emacs: 2021/08/05 16:11:22 〉〉〉

 小倉秀夫弁護士の前のTwitterアカウントは、長い間更新がないまま最近になってTwitter社に凍結され、ツイートの表示が出来なくなっています。

 また、Twitter社の凍結措置の1月ほど前になりますか、それまで普通に表示されていた小倉秀夫弁護士のTwitterアカウントに、一時的に制限されているアカウントなどというメッセージが表示されるようになっていました。

 少し思い出したのですが、現在の小倉秀夫弁護士のTwitterアカウントでも凍結となり、24時間も経たないうちに元通り表示されるようになったのですが、凍結の原因も凍結解除の原因も小倉秀夫弁護士が不明だとツイートしていました。

 この何かの予告のようなTwitter社のすぐに解除された小倉秀夫弁護士の現在のアカウントの凍結措置があって、ほぼ同じ頃から小倉秀夫弁護士の前のアカウントで、一時的制限というメッセージが表示されるようになったと思います。

 2019年の6月になるのではと思う小倉秀夫弁護士の前のTwitterアカウントのロックですが、小倉秀夫弁護士本人の記事などで、Twitter社にツイートの削除を指摘され、それを不当として逆に抗議をしたような発言がありました。

 確かなことは確認できませんが、特定のツイートの削除を要請され、それに小倉秀夫弁護士が従わないまま、Twitterの更新ができなくなり、長く放置したまま、別のアカウントを作成してツイートをするようになり、更に時間の経過で凍結に至ったようです。

 今回問題にするのは、その小倉秀夫弁護士の前のアカウントのツイートですが、凍結で埋め込みツイートが表示されないものの、次のまとめ記事にツイートがあり、特に重視するのが先程別に記録を作成した2つのツイートになります。

- 奉納\危険生物・弁護士脳汚染除去装置\金沢地方検察庁御中_2020: REGEXP:”(hirono_hideki|kk_hirono|s_hirono)”/小倉秀夫(@Hideo_Ogura)の検索(2010-05-06〜2018-08-30/2020年12月08日09時38分の記録98件)https://kk2020-09.blogspot.com/2020/12/regexphironohidekikkhironoshironohideoo.html

- (44/98) TW Hideo_Ogura(小倉秀夫) 日時:2014-01-17 23:25:00 +0900 URL(凍結中):https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/424185797412012032

> 性犯罪を犯す人の方が最低だと思います。RT @hirono_hideki: @Hideo_Ogura それでは言わせてもらいますが、愛国者であるかという問題を別にして、あなたこと小倉秀夫弁護士は、希に見る救いようもない最低の人間だと思います。弁護士という属性も軽視は出来ないです。

- (72/98) TW Hideo_Ogura(小倉秀夫) 日時:2015-03-20 10:26:00 +0900 URL(凍結中):https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/578729396363743232

> 貴方がやったとされる行為が許されるべきものであるとする資料に私のツイートが使われるのだとしたら、それは本意ではありませんので、拒否します。RT @hirono_hideki: 検察庁に参考資料としてもらうための記録としてあなたのツイートのみをブログの記事にしても良いですか?

 次が新規に作成したまとめです。スクリーンショットの記録と時期の確認を主たる目的として作成しました。

- 2021年08月05日16時07分の登録: REGEXP:”性犯罪を犯す人の方が最低だと思います。”/データベース登録済みツイートの検索:2014-01-17〜2020-12-08/2021年08月05日16時07分の記録:ユーザ・投稿:3/14件https://kk2020-09.blogspot.com/2021/08/regexp2014-01-172020-12.html

- 2021年08月05日16時28分の登録: REGEXP:”貴方がやったとされる行為が許されるべきものであるとする資料に私のツイートが使われるのだとしたら”/データベース登録済みツイートの検索:2015-03-20〜2021-08-05/2021年08月05日16時28分の記録:ユーザ・投稿:4/10件https://kk2020-09.blogspot.com/2021/08/regexp2015-03-202021-08.html

 まず、「性犯罪を犯す人の方が最低だと思います。」という内容の小倉秀夫弁護士のツイートです。

(14/14) TW @s_hirono(非常上告-最高検察庁御中_ツイッター) 日時: 2020-12-08 09:48:29 +0900 URL: https://twitter.com/s_hirono/status/1336110364501581825


> 2020-12-08-094155_小倉秀夫@Hideo_Ogura性犯罪を犯す人の方が最低だと思います。RT @hirono_hideki: @Hideo_Ogura それで.jpg https://t.co/QN563nVjnn

 今年に入ってから作成したスクリーンショットの記録もあると思うのですが、「2020-12-08-094155」のスクリーンショットが直近の記録として登録されていました。

 次に、「貴方がやったとされる行為が許されるべきものであるとする資料に私のツイートが使われるのだとしたら、それは本意ではありませんので、拒否します。」という内容の小倉秀夫弁護士のツイートです。

(08/10) TW @s_hirono(非常上告-最高検察庁御中_ツイッター) 日時: 2021-03-28 16:53:16 +0900 URL: https://twitter.com/s_hirono/status/1376079930736304131


> 2021-03-28-165157_小倉秀夫@Hideo_Ogura貴方がやったとされる行為が許されるべきものであるとする資料に私のツイートが使われるのだとしたら、それは本意で.jpg https://t.co/wP1To9mZoo

 今年の3月28日に記録したスクリーンショットがありました。

 石川県警察金沢地方検察庁において最も重要視してもらいたいのが、この小倉秀夫弁護士のツイートの内容です。

 お金を払ってしっかり弁護士にお願いしなかったから、弁護士に相手にされないという事実を間接的に印象づけ、布石とする狙いも感じられます。この辺りは深澤諭史弁護士の「相手にされない」などというツイートの趣旨と重なるところで、虎視眈々を気配とします。

base ❯ d|grep 相手に|grep @fukazawas

- 2017年12月30日09時30分の登録: %@fukazawas 深澤諭史%トラブル(紛争)があった場合,相手に非があるからといって,安易にこれを第三者に知らせたり,公開したりしてはいけない。\n「注意喚起」名目http://hirono2014sk.blogspot.com/2017/12/fukazawasn_30.html

- 2018年02月18日22時23分の登録: \深澤諭史 @fukazawas RT: @un_co_the2nd\あなたが相手にすべきは、あなたの提供するものを評価して金払う人であり、文句言ってる人じゃないです。http://hirono2014sk.blogspot.com/2018/02/fukazawasrtuncothe2nd.html

- 2018年07月03日13時09分の登録: \深澤諭史 @fukazawas\>RT 性犯罪については,被害者側も加害者側もどっちも弁護するけれども,この類型,むちゃくちゃ多い。 相手に危害を与えるのではなくて,自http://hirono2014sk.blogspot.com/2018/07/fukazawas_3.html

- 2018年12月05日21時39分の登録: \深澤諭史 @fukazawas\ひたすら弁護士相手に攻撃的なリプライを送り続け、タイムラインの大部分が通常のツイートでなくてリプライで埋め尽くされている人を見ると、色々http://hirono2014sk.blogspot.com/2018/12/fukazawas.html

- 2018年12月28日18時57分の登録: \深澤諭史 @fukazawas\弁護士相手に期限設定する、しかも一週間切るとか、危ない匂いしかしないですね。 (・∀・;)http://hirono2014sk.blogspot.com/2018/12/fukazawas_28.html

- 2019年06月23日16時47分の登録: \深澤諭史 @fukazawas\あるある。\n少なくとも「そういう思い込みをして逆恨みをする人」大勢を相手にする時点で、相当大変だってば(・∀・;)http://hirono2014sk.blogspot.com/2019/06/fukazawas_93.html

- 2019年07月21日12時05分の登録: \深澤諭史 @fukazawas\1.苦し紛れに自分の身を守るために適当な嘘をつくのは止めましょう。特に弁護士相手に。\n2.自分の望みの答えが出るまで,似たような問いを繰http://hirono2014sk.blogspot.com/2019/07/fukazawas_38.html

- 2019年07月24日22時53分の登録: \深澤諭史 @fukazawas\私見では,誰も相手にしてくれないので,嫌がらせみたいなツイートして,少しでも「相手して欲しい」だけなケースが多いです。\n(・∀・)(^ωhttp://hirono2014sk.blogspot.com/2019/07/fukazawas_61.html

- 2020年04月20日22時31分の登録: \深澤諭史 @fukazawas\弁護士でない退職代行業者は、非弁行為の問題もあるけれども、そもそも交渉の相手にされないから、トラブルになったら、自分は知らないって感じでhttp://hirono2014sk.blogspot.com/2020/04/fukazawas_92.html

- 2020年04月21日10時33分の登録: \深澤諭史 @fukazawas\1.敵か味方か,客かどうかすらもわからない相手について,瞬時にリスク判定が出来るようになる。\n2.身も蓋もない事実や,相談者の嘘に慣れるhttp://hirono2014sk.blogspot.com/2020/04/fukazawas_381.html

- 2020年06月10日22時24分の登録: \ふて寝べん @hirune_b\返信先: @shinobuhome さん, @fukazawas さん ①弁護士が同行したことが自分の正しさの証明だと相手にアピールhttp://hirono2014sk.blogspot.com/2020/06/hiruneb-shinobuhome-fukazawas.html

- 2020年06月18日21時52分の登録: \深澤諭史 @fukazawas\ネット上の表現トラブルを扱っていると、ネットde真実に目覚めて、違法投稿して責任追及されて、相手に弁護士がついているのに、それでもネットhttp://hirono2014sk.blogspot.com/2020/06/fukazawas_56.html

- 2020年09月22日09時16分の登録: \深澤諭史 @fukazawas\私の把握している同種案件は,全部,相手に弁護士がついている案件でした。http://kk2020-09.blogspot.com/2020/09/fukazawas_22.html

- 2021年07月17日07時10分の登録: REGEXP:”相手に”/深澤諭史(@fukazawas)の検索(2013-02-23〜2020-12-06/2021年07月17日07時10分の記録170件)https://kk2020-09.blogspot.com/2021/07/regexpfukazawas2013-02-232020-12.html

 上記の検索では、比較的最近見かけたと思う印象深い深澤諭史弁護士のツイートが見当たりませんでした。

 検索ワードをかすかに記憶に残る「リプライ」に変更してみました。少し違うような気もするのですが、次の深澤諭史弁護士のツイートかもしれません。

- 2021年01月08日18時32分の登録: \深澤諭史 @fukazawas\(・∀・)普通にツイートしても見向きもされないからって、ひたすら、挑発的なリプライでTL埋め尽くしている人って、惨めな気持ちにならないのhttp://kk2020-09.blogspot.com/2021/01/fukazawastl.html

 リプライというのはTwitterの返信のことだと思いますが、@fukazawasなどというメンションがツイートに含まれる場合も、リプライと似た効果で相手に通知が届くこともあり、リプライという表現に含めることも有り得そうだとは考えます。

 先程、「相手に」となっていたのを「相手」だけにすると、次の深澤諭史弁護士のツイートも記録として出てきました。こんなものは山ほどある深澤諭史弁護士のツイートの1つです。

- 2021年01月04日20時36分の登録: \深澤諭史 @fukazawas\(・∀・)えええええ??(・∀・)でも、私も、交渉で相手方弁護士とやりとりしている書面を、自分の依頼者に見せていなかった弁護士に遭遇したhttp://kk2020-09.blogspot.com/2021/01/fukazawas_77.html

- 2021年01月06日14時15分の登録: \深澤諭史 @fukazawas\(・∀・)そういや、相手方の書面が自著を参考に作成されたっぽいので、私も自著を参考に反論したら、更に自著を参考に再反論され、その再々反論http://kk2020-09.blogspot.com/2021/01/fukazawas_90.html

- 2021年02月18日11時54分の登録: \深澤諭史 @fukazawas\「私が弁護士費用、いくらつかったと思っているんですか?」(・∀・)いや、あなた、私の依頼者じゃなくて、相手方でしょ?それはあなたの弁護士https://kk2020-09.blogspot.com/2021/02/fukazawas_92.html

- 2021年03月17日11時11分の登録: \深澤諭史 @fukazawas\たぶん、弁護士会の懲戒をどんどん厳しくしていくと、「大変そうな依頼者、相手方の事件」から弁護士が逃散して、どんどん市民から見た弁護士の使https://kk2020-09.blogspot.com/2021/03/fukazawas_24.html

- 2021年03月22日10時14分の登録: \深澤諭史 @fukazawas\(;・∀・)本当に、儲からない事件、相手方がややこしい事件ほど、こう言われる謎現象。https://kk2020-09.blogspot.com/2021/03/fukazawas_22.html

- 2021年04月09日12時14分の登録: \深澤諭史 @fukazawas\法人ではなくて、自然人で、「俺の顧問弁護士に相談する!」って吠えていて、その後訴訟になったので、経緯を簡単に書いたら、相手方代理人弁護士https://kk2020-09.blogspot.com/2021/04/fukazawas_9.html

 弁護士が人と社会をどれほど舐め腐っているのか、思い知らせてくれる深澤諭史弁護士のツイートの一端です。

 都合の悪い情報は一切見ない強い傾向性もうかがえるので、この弁護士業界の体質は、社会防衛のためにも、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)と小倉秀夫弁護士を石川県警察で逮捕し、及ぼした影響や被害の実態を踏まえ、現実の問題に向き合わせる必要があると考えます。

〈〈〈 2021/08/05 16:58:54 Linux Emacs: 〈〈〈

#告発状 モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)と小倉秀夫弁護士(東京弁護士会)の刑事責任追求の表明/モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)が検察を批判した大野病院事件

告発に至る経緯/珠洲警察署/モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)と小倉秀夫弁護士(東京弁護士会)の刑事責任追求の表明/モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)が検察を批判した大野病院事件

:CATEGORIES: @kanazawabengosi #金沢弁護士会 @JFBAsns 日本弁護士連合会(日弁連) #法務省 @MOJ_HOUMU #モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会

〉〉〉 Linux Emacs: 2021/08/05 14:05:09 〉〉〉

 小倉秀夫弁護士の凍結されたアカウントについて取り上げるつもりだったのですが、ブックマークしている北白川という匿名弁護士アカウントのタイムラインで、次のツイートを見かけたことが、少し寄り道をしておこうと思ったきっかけです。

※ @kk_hironoのアカウントがブロックされ,リツイートに失敗したツイート


> 別に豊橋の医院を擁護するつもりはないんだけど、個人医院の産婦人科医ってかなりきつい仕事にみえるな。
>
> いつ分娩はいるか分からないから、基本的に病院にいなきゃならないし、お酒も飲めないし、旅行も行けないし、訴訟リスクもある程度高そう。

 タイムラインに関連性のありそうなツイートは見当たらず、Twitterの検索で「豊橋 産婦人科」と調べてみました。他に全く見かけていなかったニュースですが、すぐに何が問題になっているのか理解が出来ました。

 飲酒の常習者として分娩手術を行っていたという話ですが、過去に問題になったという話は今のところ見かけておらず、分娩した新生児が一時、命の危険に陥ったということで、父親と思われるTwitterアカウントのツイートが出てきました。

〉〉〉 kk_hironoのリツイート 〉〉〉


> こどもの命を守りたい親は事実を知ってください 私たち夫婦、子供と同じ悲しみをしませんように 25日(出産予定日前日) 5:00 陣痛室へ入院 18:30 子宮口9〜10センチ破水 19:00 分娩室 いきみ開始 母子ともに良好 20:20頃 タコの如く誰が見ても酔っ払ってるように見える     医院長 山口賢二

〉〉〉 kk_hironoのリツイート 〉〉〉


> 愛知県豊橋市産婦人科・小児科クリニックの男性院長(68)が、飲酒後に出産手術をしたとして、市保健所が院長に改善を求めていたことが分かりました。 https://t.co/6tr0fqwrck

〉〉〉 kk_hironoのリツイート 〉〉〉


> 院長、飲酒後に出産手術=乳児が一時重篤―愛知 愛知県豊橋市産婦人科・小児科クリニックの男性院長(68)が、飲酒後に出産手術をしたとして、市保健所が院長に改善を求めていたことが5日、分かった。産まれた乳児の父親によると、乳児は出産時に心… https://t.co/345cJnxXaH

〉〉〉 kk_hironoのリツイート 〉〉〉


> 【いつも飲んでいた】愛知・豊橋の産科院長、飲酒後に出産手術 https://t.co/k2eW81oNz2 父親は、乳児は一時生命の危機にひんしたと説明。分娩室に赤い顔でアルコールの臭いがする院長が現れたという。

〉〉〉 kk_hironoのリツイート 〉〉〉


> 愛知県豊橋市産婦人科医院の男性院長が、飲酒後に出産手術をしていたことが5日、市保健所への取材で分かりました。生まれた乳児の父親は、乳児は一時生命の危機にひんしたと説明しています。 https://t.co/cZe8BZmIHs

 医師の飲酒という問題は、これまで聞いた覚えがないと思ったのですが、産婦人科医に固有の問題としては、よく見かけた時期があり、産婦人科医がいなくなるという社会問題にもなっていました。

 産婦人科医に対する萎縮効果のような話になっていたと思いますが、そんなことで検察を痛烈に批判していたのもモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)でした。

 今新たにモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のツイートのまとめ記事を作成しましたが、取得された範囲が2020年11月26日までとなっていました。以前にも同じ「大野病院」をキーワードにまとめ記事は作成していると思います。

base ❯ d|grep motoken_tw |grep 大野病院

- 2017年12月30日10時10分の登録: \モトケン @motoken_tw\大野病院事件の無罪判決以降、少なくとも検察は医療過誤事件について起訴するのに相当慎重になってると思いますよ。http://hirono2014sk.blogspot.com/2017/12/motokentw_76.html

- 2018年08月08日17時27分の登録: REGEXP:”大野病院”/モトケン(@motoken_tw)の検索(2010-09-09〜2017-12-30/2018年08月08日17時26分の記録25件)http://hirono2014sk.blogspot.com/2018/08/regexpmotokentw2010-09-092017-12.html

- 2019年01月15日12時53分の登録: REGEXP:”大野病院”/モトケン(@motoken_tw)の検索(2010-09-09〜2017-12-30/2019年01月15日12時53分の記録25件)http://hirono2014sk.blogspot.com/2019/01/regexpmotokentw2010-09-092017-12.html

- 2019年02月23日16時25分の登録: REGEXP:”大野病院”/モトケン(@motoken_tw)の検索(2010-09-09〜2019-02-21/2019年02月23日16時25分の記録26件)http://hirono2014sk.blogspot.com/2019/02/regexpmotokentw2010-09-092019-02.html

- 2019年03月20日10時07分の登録: \モトケン @motoken_tw\大野病院事件は一審無罪確定したんだけど、逮捕されて起訴されたという事実だけで萎縮効果というか産婦人科忌避効果がとても多かったと聞いていhttp://hirono2014sk.blogspot.com/2019/03/motokentw_20.html

- 2019年05月15日00時04分の登録: \モトケン @motoken_tw\福島大野病院事件は、検察内部でも福島地検の暴走と見られてますよ。http://hirono2014sk.blogspot.com/2019/05/motokentw_51.html

- 2019年05月15日16時37分の登録: \モトケン @motoken_tw\大野病院事件当時、判決の内容をいくら説明しても聞く耳を持たないお医者さんがたくさんいました。\n最初から弁護士敵認定でしたね。起訴されたhttp://hirono2014sk.blogspot.com/2019/05/motokentw_0.html

- 2019年05月16日15時06分の登録: \モトケン @motoken_tw\大野病院事件のときにさんざん聞きました。http://hirono2014sk.blogspot.com/2019/05/motokentw_281.html

- 2019年05月17日22時36分の登録: モトケン(@motoken_tw)/「大野病院」の検索結果 - Twilog:2019年05月17日22時36分http://hirono2014sk.blogspot.com/2019/05/motokentw-twilog201905172236.html

- 2019年05月18日09時27分の登録: \モトケン @motoken_tw\大野病院事件で、産婦人科医が減って産婦人科が維持できなくなった病院があるんですけどね。http://hirono2014sk.blogspot.com/2019/05/motokentw_658.html

- 2020年11月02日10時51分の登録: \モトケン @motoken_tw\この人、医者かどうか知らないけど、大野病院事件の無罪判決の意味を一切考慮しない人だということはわかる。http://kk2020-09.blogspot.com/2020/11/motokentw_2.html

- 2020年11月04日10時17分の登録: \モトケン @motoken_tw\大野病院事件で人殺し野郎と言う相手を間違ってますね。医師を起訴した(当時の)福島地検ですよ。そしてその影響を最小限にとどめたのが無罪判http://kk2020-09.blogspot.com/2020/11/motokentw_4.html

- 2021年03月30日06時56分の登録: REGEXP:”大野病院事件”/モトケン(@motoken_tw)の検索(2010-09-09〜2020-11-26/2021年03月30日06時56分の記録58件)https://kk2020-09.blogspot.com/2021/03/regexpmotokentw2010-09-092020-11.html

- 2021年08月05日14時26分の登録: REGEXP:”大野病院”/モトケン(@motoken_tw)の検索(2010-09-09〜2020-11-26/2021年08月05日14時26分の記録63件)https://kk2020-09.blogspot.com/2021/08/regexpmotokentw2010-09-092020-11.html

 いくつか個別のツイートのまとめ記事がありましたが、「検察内部でも福島地検の暴走と見られてますよ」、「大野病院事件で人殺し野郎と言う相手を間違ってますね。医師を起訴した(当時の)福島地検ですよ」というツイートがあったことを思い出しました。

 この大野病院事件についてもこれまでに何度か取り上げているのですが、何度か書くように、私は長い間、この福島県の大野病院を、福島県内の会津若松市の辺りだと勘違いしていました。

 実際は、福島原発事故の近くで、名前が同じことから注目した広野町とも隣接していたように思います。会津若松市福島県浜通りと呼ばれていた大熊町の辺りというのも、長距離トラックの仕事でなじみのあるところでした。


福島県立大野病院産科医逮捕事件(ふくしまけんりつおおのびょういんさんかいたいほじけん)は、2004年(平成16年)12月17日に福島県双葉郡大熊町福島県立大野病院で帝王切開手術を受けた産婦が死亡したことにつき、手術を執刀した同院産婦人科の医師1人が刑法業務上過失致死傷罪と医師法違反の容疑で2006年(平成18年)2月18日に逮捕、翌月に起訴された事件である。


福島県立大野病院
2008年(平成20年)8月20日福島地方裁判所は、被告人の医師を無罪とする判決を言い渡し[1]、福島地方検察庁仙台高等裁判所への控訴を断念したため、確定判決となった。医師は起訴休職中であったが、無罪を受けて同病院に復職した[2]。

マスメディアによる報道では「大野病院事件」といった呼称も用いられている。また特別弁護人として、現役の医師が選定された極めて珍しい裁判である。

- 福島県立大野病院産科医逮捕事件 - Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E7%9C%8C%E7%AB%8B%E5%A4%A7%E9%87%8E%E7%97%85%E9%99%A2%E7%94%A3%E7%A7%91%E5%8C%BB%E9%80%AE%E6%8D%95%E4%BA%8B%E4%BB%B6

 福島県大熊町と確認しました。病院の建物の写真があって、初めてみた写真ではないと思いますが、珠洲市総合病院の建物と比較して、ずいぶん小さい病院に思えました。

 何年か前、その珠洲市総合病院の産婦人科医が石川県内のローカル番組で紹介されていたのですが、その時点でも奥能登珠洲市能登町には、出産のできる病院が他になく、産婦人科の後継者がいないという話になっていたように思います。

 産婦人科医が珠洲市総合病院にしかいないことで、能登町では出産に母子の生命の危険もあるという話でしたが、それはテレビで見るより前、新聞の記事で読んでいたように思います。

- 2019-02-28_183146_テレビの画面・▽石テレ・北中共同企画「守る」珠洲で唯一の産婦人科ドクター密着 珠洲市総合病院.jpghttp://hirono2014sk.blogspot.com/2019/03/2019031222372019-02-242200282019-03.html#20190228183146

 もっと前かと思っていたのですが、2019年2月28日の放送だったようです。

 たぶん現在でも珠洲市鳳珠郡能登町に弁護士はいないと思います。ここ10年のことだと思いますが、それより少し前になるのか、輪島市内に弁護士が赴任し、その後、鳳珠郡穴水町でも弁護士が開業したというニュースになっていました。

(63/63) TW motoken_tw(モトケン) 日時:2020-11-26 19:53:00 +0900 URL: https://twitter.com/motoken_tw/status/1331913894932090881


> @BlancNoir_nanto 産婦人科については、大野病院事件の影響がいまだに残っている可能性があるので、一般論では論じられない。

(62/63) TW motoken_tw(モトケン) 日時:2020-11-06 10:01:00 +0900 URL: https://twitter.com/motoken_tw/status/1324517298942533632


> @nanchattei_f 大野病院事件では、警察は逮捕する前に検察と相談していて、検察が逮捕を了承している。
> 検察が逮捕不可と言ってれば警察は逮捕していない。
> 検察が勾留請求することの前提としての警察の逮捕。
> 大野病院事件ではね。
> ほとんどの事件は事前相談しない。
>
> 一つのツイでは説明し切れない事情が沢山ある。

 余り記憶にない内容のツイートですが、大野病院事件で、警察と検察が一緒に出てきました。まだ1年は経っていない昨年11月6日のツイートです。

 昨日の夕方は、珠洲警察署の建物を見ながら、部屋に電気がついているのを見るのも珍しいと思いながら、3階にある灯りが留置場なのかと想像しながら、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)と小倉秀夫弁護士がここに入ることを想像していました。

 大野病院事件では死者が出ており、仔細な情報を読むにつけ検察が起訴したのも相当の理由がありそうに考えていたのですが、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)の意見を見ると、他の意見とは真逆のような立場で、一貫性もなく批判しているように感じました。

 医師の起訴と無罪判決ということで、弁護士商売の宣伝として最大限利用した印象があるのですが、弁護士以外の利益になったのか甚だ疑問です。モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)はずいぶんストレートに検察を批判していました。

 医療過誤は損害賠償請求の問題にもなりますが、弁護過誤というのはほとんど見かけない問題で、故意や過失の区別も議論を見たことがなく、大きなニュースは見たことがありません。

- ./kk_hirono2021-08-05_150004.csv:2019-12-03 12:47:26 "大きな発見となったのは「「弁護士、時効までに訴訟せず」 2.5億円求め提訴:朝日新聞デジタル」という内容のあるツイートです。似たような問題を数日前に見たところでしたが、そちらは和解で、大阪府北区西天満弁護士法人の法律事務所となっていたように思います。 "https://twitter.com/kk_hirono/status/1201709503139311618

- ./kk_hirono2021-08-05_150004.csv:2019-12-31 23:03:48 "大阪といえば、今年は検察の不手際とされる逃走事件が2件あったかと思います。黒田厚志弁護士はTwitterのプロフィールの所在地を大阪市北区西天満としています。この西天満の弁護士というのも、ここ2ヶ月ほどの間に不手際のような小さいニュースを2件見かけています。 "https://twitter.com/kk_hirono/status/1212011474014486528

 1つのニュースは、「「弁護士、時効までに訴訟せず」 2.5億円求め提訴:朝日新聞デジタル」ということで、だいたいの内容がわかったのですが、もう1つがわからずにいます。2019年12月31日のツイートに、「ここ2ヶ月ほどの間に」とあるので、これをヒントに探してみます。

 まとまったかたちでごっそり見つかりました。


2019-11-28 00:59:30 "和解条項には、男性が弁護士会への懲戒請求をしないとする内容が盛り込まれた。弁護士は「和解内容については口外できないことになっているため、お答えできない」と話している。(米田優人) https://www.asahi.com/articles/ASMCH4D17MCHPTIL00V.html " https://twitter.com/hirono_hideki/status/1199719403807334400
2019-11-28 00:59:16 "男性らは18年11月、「時効前に訴訟を起こす職務上の注意義務を怠った」として弁護士側を提訴。弁護士側は「運転手の保険会社と交渉中で、時効は中断していると思っていた」と請求棄却を求めていた。 https://www.asahi.com/articles/ASMCH4D17MCHPTIL00V.html " https://twitter.com/hirono_hideki/status/1199719344877391872
2019-11-28 00:58:40 "男性の親族が09年12月、この弁護士を担当に、トラック運転手に損害賠償を求める契約を同法人と結んだ。だが、弁護士は16年5月になって提訴。大阪地裁は17年11月、民法上の損害賠償請求権の時効(3年)を理由に請求を棄却し、その後判決が確定した。 https://www.asahi.com/articles/ASMCH4D17MCHPTIL00V.html " https://twitter.com/hirono_hideki/status/1199719195627286528
2019-11-28 00:58:26 "訴状によると男性は2008年8月、大阪市内で自転車に乗っていた際にトラックと衝突し、両手足のまひなどの後遺症が残った。 https://www.asahi.com/articles/ASMCH4D17MCHPTIL00V.html " https://twitter.com/hirono_hideki/status/1199719135812341764
2019-11-28 00:56:35 "男性(34)と親族が大阪弁護士会の男性弁護士(50)と所属する弁護士法人大阪市北区)に計約2億8千万円の損害賠償を求めた訴訟が、大阪地裁で和解した。弁護士側が解決金計1億6750万円を支払う内容。10月28日付。 https://www.asahi.com/articles/ASMCH4D17MCHPTIL00V.html " https://twitter.com/hirono_hideki/status/1199718670424932352
2019-11-28 00:55:54 "2019年11月28日00時55分の登録: REGEXP:”弁護士が6年放置し時効”/データベース登録済みツイート:2019年11月28日00時55分の記録:ユーザ・投稿:2/2件 http://hirono2014sk.blogspot.com/2019/11/regexp20191128005522.html " https://twitter.com/hirono_hideki/status/1199718500987629569
2019-11-28 00:55:06 "2019年11月28日00時54分の実行記録 twitterAPI-search-lawList-mydql-add.rb ""弁護士が6年放置し時効"" ツイート数:1/1613 リツイート数:0/1613 トータル:8 hirono_hideki 0/0件 kk_hirono 0/0件 s_hirono 0/0件 " https://twitter.com/hirono_hideki/status/1199718296037158915
2019-11-28 00:54:02 "提訴依頼、弁護士が6年放置し時効に 1・6億円で和解:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASMCH4D17MCHPTIL00V.html 米田優人 2019年11月16日06時00分 ← 10日以上前の記事だったらしい。全く知らなかったし、知らないままだった可能性が大。 " https://twitter.com/hirono_hideki/status/1199718030936199168
2019-11-28 00:52:40 "提訴依頼、弁護士が6年放置し時効に 1・6億円で和解:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASMCH4D17MCHPTIL00V.html 和解条項には、男性が弁護士会への懲戒請求をしないとする内容が盛り込まれた。弁護士は「和解内容については口外できないことになっているため、お答えできない」と話している。(米田優人) " https://twitter.com/hirono_hideki/status/1199717683383566336

 Twilogでは探し出せなかったのですが、エディタでテキスト検索を行いました。最初に日付を頼りにだいたいの位置に移動し、移動したところから別のキーワードで検索を開始しました。

 ネットニュースでたまたま見かけたような弁護士問題でしたが、ニュースとして取り上げたマスコミもあったということです、このマスコミに対しても何かと痛烈な批判を行うのがモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)になります。

〈〈〈 2021/08/05 15:40:16 Linux Emacs: 〈〈〈

#告発状 モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)と小倉秀夫弁護士(東京弁護士会)の刑事責任追求の表明/8月3日に削除され、復活していた祭礼委員のブログ

告発に至る経緯/珠洲警察署/モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)と小倉秀夫弁護士(東京弁護士会)の刑事責任追求の表明/8月3日に削除され、復活していた祭礼委員のブログ

:CATEGORIES: @kanazawabengosi #金沢弁護士会 @JFBAsns 日本弁護士連合会(日弁連) #法務省 @MOJ_HOUMU #モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会) #小倉秀夫弁護士 #珠洲警察署 #石川県警察

〉〉〉 Linux Emacs: 2021/08/05 11:06:16 〉〉〉

 このBloggerのブログの削除は8月3日の夕方、ブラウザで同時に開いていたメールで知り、開いていたページを再読込させたところ、削除されたとメッセージが出ていました。

 当日、何年かぶりに記事を1つ投稿し、固定ページを1つ作成し、祭礼委員のWordファイルからHTML変換で貼り付けた文章の表示をテストで確認するなどの作業を行っていた折りでした。

 先程、ブックマークしていたことに気が付き、リンクを開くと通常通り表示され、今度はメールの方を確認すると、「ブログ「http://usairei.blogspot.com/ 」を復元しました」というメールが届いていました。

 削除のメールが8月3日18時55分で、復活のメールが同日の22時11分で、次の内容のメールです。


Blogger をご利用いただきありがとうございます。 Blogger のコミュニティ ガイドラインhttps://blogger.com/go/contentpolicy)に照らして、お客様のブログの再評価を実施いたしました。再審査の結果、お客様のブログを復元いたしましたので、http://usairei.blogspot.com/ からアクセスしてください。 このたびはお手数をおかけしましたことをお詫び申し上げます。 今後とも Blogger をよろしくお願い申し上げます。 Blogger チーム

 削除のときのメールは、次の内容でしたが、再審査などは求めず、メールの返信もしていませんでした。


Blogger をご利用いただきありがとうございます。 ご存知のこととは存じますが、Blogger のコミュニティ ガイドラインhttps://blogger.com/go/contentpolicy)では、Blogger で許可されるコンテンツと禁止されているコンテンツについて概説されています。Blogger では、お客様の「http://usairei.blogspot.com/」というタイトルのブログについて審査の必要があるとの報告を受けました。審査の結果、当該のブログは Bloggerガイドラインに違反していると判断し、この URL(http://usairei.blogspot.com/)に読者がアクセスできないようにいたしました。 お客様のブログが削除された理由 このブログのコンテンツが、PHISHINGに関する Blogger のポリシーに違反していることが判明いたしました。本メールに記載されているリンクからコミュニティ ガイドラインのページにアクセスし、詳細をご確認ください。 Blogger では、ブログのコンテンツが Blogger のポリシーに準拠していないと判断した場合、そのブログの公開を禁止する措置を講じさせていただきます。Blogger の判断が誤りであると思われる場合は、https://www.blogger.com/unlock-blog.g?lockedBlogID=4841249925298133301 から再審査をリクエストしてください。その場合は Blogger がお客様のブログをもう一度審査いたします。 今後とも Blogger をよろしくお願い申し上げます。 - Blogger チーム

 復活のメールより3倍ほど文章が長いですが、「というタイトルのブログについて審査の必要があるとの報告を受けました。審査の結果、当該のブログは Bloggerガイドラインに違反していると判断し」などとあります。

 前回の投稿が2020年3月10日となっていて、8月3日に「令和3年鎮疫祭」というタイトルの投稿を1つ行っています。投稿内容は2枚の写真だけで、本文はありません。

 Bloggerは、告発事件及び非常上告事件の参考資料でメインの投稿を行っていますが、前にも1度、いきなりブログを削除されたことがありました。イスラム国がGoogle社員を脅迫していたという緊迫した状況下でのことでした。

 当時からBloggerへの投稿は主にAPIを利用した自作のプログラムで行っていたのですが、その投稿数と投稿間隔が短く、機械的な一括処理でGoogleを不正に攻撃するプログラムと判断されたのかと考えていました。

 Bloggerのブログには、弁護士のツイートを数多く記録していますが、それを快く思わない弁護士が相当数、Bloggerに不正報告を行ってきたことを想像する機会となりました。

 それと同時に、Twitterでは私のことを「非常上告」と呼び、凍結されないのがおかしいというツイートを刑裁サイ太という匿名弁護士アカウントが行い、実名のアカウントを含め、けっこうな数の弁護士が賛意を示すようなリツイートを行ったことを振り返りました。

 この刑裁サイ太という匿名弁護士アカウントは、過去に国選刑事弁護についても独自の考えをブログ等で表明し、法クラと自称他称で呼ばれる仲間内のようなTwitterアカウントで話題とされ、賛同の支持を受ける影響力も感じられました。

 昨日の8月4日は、未明の4時過ぎに目が覚め、そのまま眠れなかったのですが、その刑裁サイ太のこだわった国選弁護のことを思い出し、新規にまとめ記事を作成したのですが、途中まで目を通した段階で、大きな発見が2つありました。

 1つは、富山の交番襲撃事件で、控訴審の国選弁護人が金沢の弁護士で、準備に時間がかかっているというニュースの発見。それもえきなんローヤーのツイートとして発見したものでした。

 一審の富山地裁では、被告人が黙秘のまま、弁護人主張の判断で、死刑の求刑に対して無期懲役の判決を出していました。特異なニュースと感じながら弁護士のツイートを検索し反応を記録する作業を行ったのですが、乏しい結果だったと記憶にあります。

 もう1つが、次のYouTube動画の発見で、昨日の朝に視聴をしていました。ボリュームを最大にしても音声が大きくならず、寝転がって他に考え事をしていると、聞き取れなかった部分もありました。

ケージェネch-刑事弁護士が刑事裁判と司法試験を語る-
チャンネル登録者数 1360人
チャンネル登録
2020年4月29日にZoomで行われた研修「これで分かる!書き方・動き方~勾留を争う思考回路~」の赤木弁護士の講義動画です。

オンラインサロンへの入会方法はこちら!
https://k-ben-nextgen.com/online-salon/

公式ホームページ
http://k-ben-nextgen.com

Twitter公式
https://twitter.com/k_nextgen

#弁護士
#司法修習生
#刑事事件
#法律

- 【弁護士・司法修習生向け研修】「これで分かる!書き方・動き方 ~勾留を争う思考回路~」 - YouTubehttps://www.youtube.com/watch?v=nA8gxeSdGP0

 最初、刑弁かと思っていたのですが、K-Ben NextGenなどとなるようです。刑弁を意味するとも解釈できそうですが、ネクストに続くのは、次世代のジェネレーションという意味がありそうです。

 赤木竜太郎という弁護士の解説がメインとなっていましたが、Twitterアカウントの名前として、ずいぶん前に見かけていたように思いながら、まだ調べていません。


弁護士赤木竜太郎
@akgryu
弁護士67期 東京弁護士会 刑事弁護。法廷弁護技術を磨き、伝承することに強い関心があります。東京ディフェンダー法律事務所 http://t-defender.jp / 若手刑事弁護人の試み K-Ben Next Gen http://k-ben-nextgen.com
2020年3月からTwitterを利用しています

- 弁護士赤木竜太郎さん (@akgryu) / Twitterhttps://twitter.com/akgryu?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

 今検索で出てきた上記のアカウントも少し見覚えがあるのですが、5年以上前の記憶とは違ったもので、確認すると2020年3月から始めたアカウントとなっていました。

 名前が似ている別の弁護士のTwitterアカウントと勘違いしている可能性もあります。そこまで取り違えてはいないですが、よく似たアカウントで、長く見かけていないという心当たりは別にあります。

 「東京ディフェンダー法律事務所」という法律事務所にも、別のことで見覚えがありそうに思いました。検索のまとめ記事を作成してみます。

- 2021年08月05日11時56分の登録: 「東京ディフェンダー法律事務所」を@hirono_hideki @kk_hirono @s_hironoで検索 8件の該当 2021-08-05_11:56の記録https://kk2020-09.blogspot.com/2021/08/hironohidekikkhironoshirono82021-08.html

 検索結果が8件だったので、思ったより少ないと思ったのですが、2015年、2017年、2019年とまんべんなく情報が記録されていました。赤木竜太郎という名前は見当たらないですが、ここで赤木竜一郎と名前を勘違いしていたことに気が付きました。

 ここで取り上げておきたい動画の感想もあるのですが、この動画を視聴し終え、午前10時10分すぎとなっていましたが、バイクで珠洲市に向かいました。目的は、正院町で担々麺を食べること、須須神社の奥宮に参拝することでした。

 先月の7月29日も同じように珠洲市にバイクで向かったのですが、正院町のラーメンの店は木曜と金曜が定休日となっていました。事前にネットで調べていたのですが、古い情報がいくつかあって、最近のことが確認できずにいました。

 7月29日も、珠洲市三崎町の海岸に行ったのですが、曇り空で夏らしくなかったのも心残りでした。昨日の8月4日は、途中まで雲が多かったのですが、三崎町に着いた頃には期待通りに近い夏らしい空と風景になっていました。

 珠洲市内で、夕食も済ませて帰ってきたのですが、家に戻ったのも20時10分近くになっていました。10時間ほど出掛けていたことになります。

 Googleマップに交差点の名前はないのですが、ストリートビューに切り替えると交差点に「時長」と看板がありました。この交差点の信号待ちで撮影した写真が20時01分05秒となっていました。

 夕方より遅い時間となって交通量も少なく、少し心配した肌寒さもなかったのですが、夜の道をバイクで走りながら、ブログの削除のことなどずっと考え事をしていました。

 時長の交差点に差し掛かる1分ほど前になると思いますが、ひらめくようにモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)と小倉秀夫弁護士の刑事責任追求の必要性が、今までとは違ったかたちで具体的に頭に浮かんできました。

 レベル3を「モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)と小倉秀夫弁護士(東京弁護士会)の刑事責任追求の表明」としたシリーズ物になります。下位のレベル4は、見出しが比較的短いものになるという制約をともないます。

 モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)と小倉秀夫弁護士が、珠洲警察署管内の珠洲市能登町に悪影響をもたらす危険性を除去し、祓い清めるという目的があり、そのためには地域社会と、地域社会に対する社会全体の理解を前提とした記録作成となります。

 一度には書ききれないのですが、まずは、しばらく前にTwitter社に凍結された小倉秀夫弁護士の前のTwitterアカウントでの、私に対する評価を取り上げておきたいと思います。

〈〈〈 2021/08/05 12:31:29 Linux Emacs: 〈〈〈

#告発状 #### <<< 「【悲報】人間愛による保護の対象とならない弁護士 - Schulze BLOG」という深澤諭史弁護士のツイートに関連した記録

[2021-08-03 14:57] >>> ~/git/kk2020_11/告発状2021/howm/2021-07-22-134914_告発状.md

 まず、深澤諭史弁護士のツイートですが、リンクのブログ記事にまとまった数の埋め込みツイートがあるので、続いて、告発\市場急配センター殺人未遂事件\金沢地方検察庁石川県警察御中(@kk_hirono)でリツイートを試みます。

〉〉〉 kk_hironoのリツイート 〉〉〉


> 改めて読むとすごいな… https://t.co/em78B2GCKs

〉〉〉 kk_hironoのリツイート 〉〉〉


> 他の職業に置き換えるとひどい理論だということがよく分かりますね。 https://t.co/y8IN6lfOak

〉〉〉 kk_hironoのリツイート 〉〉〉


> これは私が今まで見たことのある学者の現実離れ事例の中でも一番酷い例かな。こんな人が司法試験委員長でしたね。 同じ法学者でも憤っている人が殆どだったと信じたい。 https://t.co/sH09QQuqNz

〉〉〉 kk_hironoのリツイート 〉〉〉


> これで弁護士になる優秀なやつが増えるわけねぇだろw。 資本主義社会で優秀なやつは仏から一番縁遠いはずや。 https://t.co/YO7geNUObW

〉〉〉 kk_hironoのリツイート 〉〉〉


> 高橋宏志先生の法学教室2006年4月号巻頭言『成仏』は,司法改革の理念を高らかに宣言する歴史的名文だわ。法曹たるもの,暗記するくらいに読まなくちゃね。いわば,法曹会の教育勅語よ。

〉〉〉 kk_hironoのリツイート 〉〉〉


> 高橋宏志先生は,民事訴訟法の学者なの。その高橋先生の研究の中でも最も有名な論文が,あの「成仏」なの。 え?「成仏」はただのエッセイじゃないのよ? 論文データベースにもちゃんと搭載されているわ。 http://t.co/ZOIk6ZtLE1

〉〉〉 kk_hironoのリツイート 〉〉〉


> 法律事務所に入って弁護士になることも重要ですが、既存の弁護士とは少し違った弁護士をつくるというのが法科大学院だったはずで…就職先がない、仕事がないという状況に追い込まれた弁護士が必死に知恵を出すことによって、何かが開かれてくるものだという気がいたしております。(高橋宏志中大教授)

- 〉〉〉 アカウント(@fukazawas)は,@kk_hironoをブロックしています。リツイートできませんでした。 〉〉〉 \n \nhttps://t.co/7wBFta20m9

- 〉〉〉 アカウント(@dben82716007)は,@kk_hironoをブロックしています。リツイートできませんでした。 〉〉〉 \n \nhttps://t.co/zJHVDeXFJQ

- 〉〉〉 アカウント(@GUv4i6)は,@kk_hironoをブロックしています。リツイートできませんでした。 〉〉〉 \n \nhttps://t.co/68hiIuuJ6L

- 〉〉〉 アカウント(@Re_yt_law)は,@kk_hironoをブロックしています。リツイートできませんでした。 〉〉〉 \n \nhttps://t.co/zmnBxhXLOi

- 〉〉〉 アカウント(@ginkanmuri_0202)は,@kk_hironoをブロックしています。リツイートできませんでした。 〉〉〉 \n \nhttps://t.co/1fcYRQDopp

- 〉〉〉 アカウント(@fukazawas)は,@kk_hironoをブロックしています。リツイートできませんでした。 〉〉〉 \n \nhttps://t.co/ZakwlhxeNM

※ @kk_hironoのアカウントがブロックされ,リツイートに失敗したツイート


> 【悲報】人間愛による保護の対象とならない弁護士 - Schulze BLOG https://t.co/twiWmaVEty
> (・∀・;)

※ @kk_hironoのアカウントがブロックされ,リツイートに失敗したツイート


> 法曹養成の中核として確固たる地位を占めるに至った法科大学院について,いまもなお反対的なスタンスに立つ不届きな弁護士どもは,人間愛による保護の対象になりますでしょうか。 https://t.co/mQS2iJWrDq

※ @kk_hironoのアカウントがブロックされ,リツイートに失敗したツイート


> 行われるのは人間愛という名の粛清

※ @kk_hironoのアカウントがブロックされ,リツイートに失敗したツイート


> ((((;゜Д゜))))似てる気がする…… https://t.co/rVXMVu2OQB https://t.co/oNW92RHfZ0

※ @kk_hironoのアカウントがブロックされ,リツイートに失敗したツイート


> その者、モリハマの肩書きをまといて嘆きの荒野に降り立つべし。失われし司法改革の理念を実現せしめ、ついに人々を成仏に導かん。」 https://t.co/4eVAbiCPkH

※ @kk_hironoのアカウントがブロックされ,リツイートに失敗したツイート


> 弁護士は自由競争だ!淘汰されてしまえ!
> (・∀・;)
>
> 修習は貸与な!
> (゜o゜;
>
> 法テラスで赤字案件もやれ!
> (;´Д`)
>
> 新たな何かを切り開け!
> 成仏,成仏ぅ!
> (#^ω^)
>
> なんでこんなに志願者が減ったんだ!
> (# ゚Д゚)
>
> #司法改革コント

#告発状 被告発人大網健二/平成元年1月に旧珠洲郡内浦町の松波港で自殺した蛸島のTSと、本件告発事件の関連性(1)

告発の事実/ 関与と役割/被告発人大網健二/平成元年1月に旧珠洲郡内浦町の松波港で自殺した蛸島のTSと、本件告発事件の関連性(1)

:CATEGORIES: @kanazawabengosi #金沢弁護士会 @JFBAsns 日本弁護士連合会(日弁連) #法務省 @MOJ_HOUMU #被告発人大網健二 #被告発人浜口卓也 #金沢市場輸送

〉〉〉 Linux Emacs: 2021/07/31 10:06:58 〉〉〉

- 1473:2021-07-30_17:05:23 #告発状 被告発人梅野博之/金沢西警察署 司法警察員 巡査橋本登志彦作成にかかる平成4年4月24日付供述調書の重大な問題点https://hirono-hideki.hatenadiary.jp/entry/2021/07/30/170521

- 1474:2021-07-31_09:55:15 #告発状 被告発人大網健二/美濃加茂市長事件がきっかけで考え直した本件告発事件の全体像:藤井前美濃加茂市長の記事https://hirono-hideki.hatenadiary.jp/entry/2021/07/31/095512

 昨日投稿した1473のエントリーに記述していると思いますが、橋本登志彦巡査が現在、宇出津の在住者ではないかと電話帳で調べたところ、開いていたページの右側に能登町真脇の住所で、濱口卓也という名前がありました。なお、ネットで浜口商運を調べても同じ漢字の名前がありました。

 たぶんこの濱口卓也という名前のことがなければ、この告発状に取り上げ記述することはなかったと思うのですが、4月の初めに珠洲市蛸島町に行ったとき、海岸沿いを高倉彦神社から鉢ケ崎海水浴場まで歩いたのですが、ふと見た民家の表札に、自殺したTSさんと同じ名前がありました。

 TSさんの上の名前はかなり珍しい名前で、蛸島町には何件かあるようですが、他では聞いたことがないかもしれません。下の名前は、とてもよくある日本人男性の名前なのですが、漢字の組み合わせがとても多い名前だと思います。

 ただ、TSさんの名前は、石川県立水産高校の卒業アルバムで見たような記憶もあり、それに最も近いと思われる名前が、表札にはありました。改めて考えると、家族が故人の名前の表札をそのままにしている可能性というのもあり得るのかもしれないと思えてきました。

 「石川県奥能登でおきた蛸島学童殺人事件裁判記録」を読んだとき、沢山の地元の人の名前が出てきたので、本当に実名なのかと疑問に思って調べたところ、古いものでしたが蛸島町の住所が記載された電話帳が出てきました。そのときにTSさんの苗字も調べたかもしれないですが、憶えていません。

- 石川県珠洲市蛸島町- ネットの電話帳 - 住所でポン! 2012年版https://t.co/FqcAZXAIWG

 「この地域に多い苗字」にTSさんの苗字があり、蛸島町では5件でしたが、全国ではかなり多い数となっていました。この「苗字 軒数 全国順位」という項目は前回気が付かなかったもので、同じページなのかもはっきりしません。こういうのは初めて見ました。

 ちょっと勘違いしていたことに気がついたのですが、苗字の全国件数と思ったのは、全国順位でした。「全国ではかなり多い数」と思ったのは4桁台になります。

 宇出津でも同じ苗字で親戚関係はないという話は聞くのですが、蛸島町の5件で漢字は別にしても同姓同名というのは、やはり珍しいように思います。

 蛸島町は珠洲市でも面積が狭いという特徴もあり、隣接した正院町や三崎町とはずいぶん違いのあることが、Googleマップの範囲表示ですぐにわかりました。

- 石川県珠洲市蛸島町 - 人口総数及び世帯総数 | 人口統計ラボ - 国勢調査GIS 平成22年版https://t.co/KhVwdSnJka \n 面積: 3,158,917 ㎡ \n 人口総数: 1,449 人 世帯総数: 553 世帯

- 石川県珠洲市正院町 - 人口総数及び世帯総数 | 人口統計ラボ - 国勢調査GIS 平成22年版https://t.co/zn7JpAfkfI \n 面積: 13,778,430 ㎡ \n 人口総数: 1,614 人 世帯総数: 648 世帯

- 石川県珠洲市三崎町 - 人口総数及び世帯総数 | 人口統計ラボ - 国勢調査GIS 平成22年版https://t.co/sKiof4c9B2 \n 面積: 31,067,080 ㎡ \n 人口総数: 2,532 人 世帯総数: 910 世帯

 正院町と比較しても面積の桁が一つ違っています。その正院町と比較した三崎町の面積の広さも意外ですが、世帯数も人口も多く感じました。三崎町にスーパーはないように思います。

 最果てという、看板にあるスーパーが八ケ崎海水浴場の近くにあります。店に入ったことはないですが、食料品店という感じです。三崎町では小さな食料品店も見かけた覚えがないのですが、行ったことのない山間部にも集落があるらしいと先日思えることがありました。

 蛸島のTSさんについては、これまで一通りのことを記述してきたと思います。被告発人安田敏との石川県立水産高校での同級生でもありますが、高校卒業後は金沢市場輸送で運転手を初めたと聞いていました。昭和61年の12月頃、金沢市場輸送で一緒に仕事をしています。

 被告発人大網健二の兄とも仲が良かったようですが、蛸島駅からの汽車の通学で、帰りの汽車の待ち時間などたまり場だった被告発人大網健二の家にいた可能性があります。名前は早くから聞いていましたが、部活のことは聞いていなかったと思います。

 宇出津の梶川沿いにあった被告発人大網健二の大きな家ですが、ガス機器販売店と自動車工場が前と後ろにありましたが、2階の居住空間だけでも相当の広さがあり、古い建物でしたが大きな旅館のようでした。図書館などでも当時の写真が不思議と見つからず、目にすることがありません。

〈〈〈 2021/07/31 11:23:48 Linux Emacs: 〈〈〈

〉〉〉 Linux Emacs: 2021/07/31 13:16:27 〉〉〉

- 2021年07月31日13時17分の登録: 「蛸島のTSさん」を@hirono_hideki @kk_hirono @s_hironoで検索 70件の該当 2021-07-31_13:17の記録https://kk2020-09.blogspot.com/2021/07/tshironohidekikkhironoshirono702021-07.html

 ざっと軽く目を通しましたが、しばらく忘れていた竹林の蛸島出身という婚約者のことがありました。改めて考えると、本当にそのような女性が存在したのか疑問に思えてきました。

 金沢市で生まれ育ったと思われる竹林が、珠洲市でも蛸島と特定していたのも気になったのですが、金沢市場輸送の竹林の入社と免許停止中だった蛸島のTSさんの入社というのも同じ頃でした。

 竹林は蛸島のTSさんのことをよく知っている口ぶりで話をしていたのですが、金沢市場輸送に入社してから1年ぐらいは4トン車に乗務していたはずです。

 最初から長距離の仕事をしていたのかはっきり憶えていないですが、けっこう長い間、4トン保冷車で長距離の仕事をしていました。竹林は私より2つ年上と話していたように思います。4トン車の運転手をしながら大型免許を取得したという話は記憶にありません。

 そのうち大型保冷車に乗務したのですが、いきなり新車の冷凍機付きだったように思います。トラックはいすゞで、ナンバーが1???となっていたように思います。数も少ないですが、石川ナンバーになったばかりだったように思います。

 この冷凍機付きのイスズの大型車のことは余り思い出せないのですが、同じいすゞの大型保冷車で、7180というナンバーが川村さん(あるいは河村)が新車で乗務し、7599が昭和62年4月に私が新車で乗務しました。数字が大きいですが、どちらも石ナンバーで、冷凍機はなかったです。

 冷凍機付きの大型トラックはナンバーが88になっていました。昭和63年の夏頃には石川ナンバーに変わり、竹林が冷凍機付きの大型保冷車に乗務していたように思います。

 やはり金沢市場輸送に入社した時点で大型免許は所持していたと話していたように思えてきました。4トン保冷車は運賃が安く給料が安いだけではなく、積載量が少なくすぐに重量オーバーになり、警察に捕まって免許の点数を失う可能性が高いとも言われていました。

 金沢市場輸送の4トン保冷車は後ろにステッカーを貼る積載量が3250となっていたように思います。冷凍機付きや車体が補強されたような4トン保冷車だと2700とかになっていたかもしれません。

 蛸島のTSさんが金沢市場輸送で私と一緒に仕事をしていたのも長くて2ヶ月ぐらいだったように思います。私は昭和62年の1月の下旬になるのか、乗務する大型保冷車の空きがなかった金沢市場輸送をやめて、中西運輸商に移っています。

 中西運輸商に移って時期も記憶がはっきりしませんが、蛸島のTSさんはすでに金沢市場輸送をやめていたような気がします。金沢市場輸送にいる間、蛸島のTSさんは、浜田漁業金沢工場でフォークリフトの運転をし、ミールの積み込み作業をやっていました。

 私はミールの倉庫移動をボロボロのイスズの大型平ボディ車でやっていたのですが、蛸島のTSさんを同乗させることも多かったように思います。名古屋方面へのミールの出荷も当時は少なかったと思います。

 ミールの移動先も松任市の外れの一箇所の倉庫だけだったかもしれません。もう一箇所あったような気もするのですが、ほとんどは松任市のはずれの倉庫で、日通の倉庫と呼ばれていたかもしれません。

 国道8号線沿いで、松任市から川北町に変わる陸橋の手前、大きな交差点の海側、左角の倉庫でした。倉庫はその後もあったのかもしれないですが、平成3年12月以降のミール移動では行くことがなかったと思います。

 平成3年12月以降のミール移動は、同じく松任市の外れでしたが、山側に左折してしばらく走ったところで、「清水倉庫」と呼ばれていたと思います。それと、金沢市内の高畠の辺りに五高倉庫があり、他に国勝倉庫に行くこともありました。

 竹林がいつまで大型保冷車で長距離の仕事をしていたのかはっきり思い出せないですが、長距離の仕事を辞めたなどと聞いて、しばらくした頃には私と一緒にイワシの運搬をするようになっていました。これが平成元年の12月で、私は2度目のイワシの仕事でした。

 この私が2年目のイワシの運搬は、北陸ハイミールの工場も出来て、仕事が倍以上に増え、それまでの浜田漁業お抱えの蛸島丸船団に加え、輪島丸船団がイワシの漁獲をするようになり、金沢市場輸送のトラックも増えましたが、釧路市の愛国運輸も参加しました。

 竹林が蛸島のTSさんを話題にした時の話しぶりで、一緒にミール移動の仕事をしたことがあったものと私は思い込んでいたふしがあるのですが、その可能性はないように思えてきました。

 私も竹林とよく話すようになったのは、彼が金沢市場輸送に入社してからだいぶん後のことだと思います。保冷車でも大型車と4トン車では仕事の内容がまるで違っていました。東北便も平成元年頃はまだ宮城陸上の大型車が自社便で金沢に来ていたはずです。

 初めて記述するようなことではないと思いますが、東北便は最初、4トン保冷車が毎日一台、宮城陸上から荷物を積んでいたように思います。それも福井中継分や高岡中継分が主だったように思います。高岡中継は守田水産輸送でした。

 宮城陸上は「みやりく」と呼ばれていましたが、大型保冷車が毎日金沢に来て、七尾市のスギヨから蒲鉾のような荷物を積んで塩釜に帰るという話でした。私は平成2年ころになって、実際に、七尾市のスギヨからその仕事をしたこともありました。

 この七尾市のスギヨは、カニカマを開発したことで有名でテレビのバラエティ番組にも取り上げられているのをここ10年で何度か見たことがあります。

 私が2度目に金沢市場輸送に入社したのが昭和61年8月の20日過ぎで、11月25日に一発試験で大型免許を取得するまでは、市内配達の仕事をしながら東蚊爪の運転免許センターに通っていました。この間に、臨時で東北便に行かされたことがありました。

 昭和59年当時は全くなかった仕事でした。この最初のときに、石巻市の東北陸運に行ったような記憶があります。「とうりく」と呼ばれた東北陸運は塩釜市が本社で、石巻が営業所になっていました。宮城陸上は塩釜市だけです。

 2,3日石巻に泊まることになったのですが、前妻を同乗させていて、中華料理店に入った記憶があります。なぜかその後、その店には入らなかったような気もするのですが、魚市場のある港のはずれで、トラックの駐車しやすい店でした。

 その中華料理店から少し行った先が、斜めに左から来る道路の突き当りで、右折すると女川方面で、女川方面に向かってすぐ右手に東北陸運の会社がありました。トラックを待機させ積み込みを始める場所は、反対側に左折した少し先の空き地でした。

 もしかすると、石巻の東北陸運で荷物を積んだ後、塩釜の宮城陸上に立ち寄って追加の荷物を積んでいたのかもしれません。

 平成2年頃になると、金沢市場輸送が東北陸運と宮城陸上の北陸便をすべてやることになっていたように思います。臨時で東北陸運の大型車が出ることもあったように思いますが、荷物が多いときで大型車が3台に、4トン車が1台ということもあったと思います。

 決まってあるのは糸魚川の市場、富山市の市場で、金沢では高岡と福井を中継していました。金沢市場輸送でこの福井中継をしていたのが、金沢市内の増泉で昼は喫茶店をやっているという中野さんでした。

 先日読んだ乙号の供述調書に中野さんの名前はなかったように思いますが、中野さんに伝票を報告を受けながら、私が近く来るとおもむろに被害者安藤文さんがメガネを掛けたのでした。それまで彼女がメガネを掛けたのは見ていなかったし、中野さんも驚いた様子でした。

 荷物が多くトラックの台数が増えると、卸先、行き先が減って仕事が楽になるということもありました。東北便は荷物の種類が多く、金沢中央卸売市場の外の会社にも荷物を届けていました。大きいものは300キロの生マグロから、決まってあるのが練り製品でした。

 運転手の間の決まりごとのようになっていましたが、仲間の運転手が金沢中央卸売市場の中で荷降ろしをしていると手伝い、終わると店に入ってビールなど飲み、けっこう長い時間、話をするのがいつものことでした。

 その当時、竹林と食事をしたことは記憶にないのですが、食事代を徹底的に切り詰めて、結婚費用のため貯金をしていると運転手の間で話題になっていたのが竹林でした。

 徹底するところは確かに感じられた竹林ですが、婚約の破談で貯金の必要がなくなり、その散財に付き合って一緒に飲み歩くようになったのも私で、イワシの運搬の仕事が始まってからのことでした。

 このイワシの運搬の仕事は、天候や魚の漁獲に左右されるだけではなく、ミールの工場の機械は一度停止させると、再起動するのにずいぶんお金が掛かるという話で、はっきり思い出せないですが50万円と聞いていたかもしれません。

 それなのでイワシが捕れだすと、ぶっ通しの仕事となりました。金沢港の堤防の先、30分ほどでイワシの魚群があったり、魚群が見つからず、京都府舞鶴沖や新潟県佐渡ヶ島の辺りまでイワシを追うことがあると聞いていました。

 金沢港の周辺にイワシの魚群がないときは、蛸島港での水揚げに向かうこともありましたが、2号と呼ばれた一番大きな運搬船は400トンで、水深の浅い蛸島港には入れず、隣の飯田港で水揚げをすることもありました。それでも金沢港以外はそう多くなかったと思います。

 竹林は一度、家まで遊びに行ったこともあるので、特に疑いを持つような不審な人物ではなかったのですが、母親が金沢競馬場で働き、自分も以前、競馬にはまっていたことがあるとも話していたと思います。

 そういえば、午前中に見た新聞に、コロナウィルスの感染で金沢競馬が中止になったという記事がありました。金沢競馬の場所ですが、浜田漁業金沢工場の近くで、途中からちょっとした近道で、いつも競馬場の入口の前を大型トラックで通るようになりました。

- 金沢港 から 金沢競馬場 - Google マップhttps://t.co/2YhsnIgA8q

 ルート検索すると6.9Km、13分とあります。昨日辺りGoogleマップで見た浜口商運もこの近くになりますが、ちょうど運転免許センターから浜口商運の辺りまで工場や会社が増え、あとは広い田んぼのままの景色となっていました。

- (株)中部資源再開発 本社工場 - Google マップhttps://t.co/DRirvFbDYS

 赤い矢印が出ている会社の道路を挟んで向かいにある工場や敷地が北陸ハイミールのあった場所です、交差点の角にある建物はそのまま北陸ハイミールの事務所の建物のようにも見えるのですが、事務所の前には、大型車が乗る計量の台貫がありました。

 今、Googleマップを見て、北陸ハイミールの近くの河北潟の対岸が金沢競馬場の敷地になるらしいと初めて気が付きました。これまでにこの周辺のGoogleマップは何度も見ています。

- (株)中部資源再開発 才田工場 - Google マップhttps://t.co/5Mq9ScIicT

 今見ると、「(株)中部資源再開発 才田工場」という社名になっていますが、これが浜田漁業金沢工場のあった場所になると思います。

 地図で見ると河北潟を挟んで近くにみえますが、金沢競馬場の方から迂回してけっこう距離があると感じていました。近くに才田大橋というのが見えますが、この橋を渡った左手の河川敷のような場所で、被告発人大網健二がゴルフの練習をしていました。

- 南新保町 - Google マップhttps://t.co/UBTn0NorHg

 ちょっと確認するつもりで調べたのですが、金沢市の南新保の場所がすっかり変わっていました。全て国道8号線バイパスの海側となっています。平成4年当時はバイパスの手前側だけと思っていました。全く離れた場所に新保本町があるので、ややこしく確認しています。

 平成3年12月22日の日曜日のことです。前日の21日の夜は、南新保の被告発人浜口卓也のアパートにいました。被告発人浜口卓也が被告発人大網健二の自宅に電話を掛け、しばらく二人で話をしていましたが、用件を憶えていません。

 そのあと被告発人浜口卓也に誘われて片町に飲みに行ったのですが、最初に入った店になるのか、オーロラ会館の5階あたりの店だったと思うのですが、そこに宇出津の2人の女性がいて、二人とも私の1つ年上ですが、その一人が蛸島のTSさんの死に別れの妻でした。

 その店か、その次に行った店か、今はっきり思い出せないですが、被告発人大網健二の兄と落ち合いました。被告発人大網健二の兄は二人連れで、宇出津のかなり年上の人と一緒でした。

 片町のビルや店の名前はよくわからないのですが、現在は次のビルがある辺りかと思います。そこは3階ぐらいにある店だったと思いますが、そこでは被告発人大網健二の兄らと会ったことをはっきりと憶えています。

- エイケンレジャックビル - Google マップhttps://t.co/vOBJyKkPjP 〒920-0981 石川県金沢市片町2丁目3

 同じビルになるのかはっきりしませんが、昭和57年の1月か2月に、被告発人大網健二の兄と一緒に行ったのもその辺りの店で、珠洲市大谷のYSさんのおごりであったように思います。姫のNKさんも一緒だったかもしれません。

 平成10年には、関係者KYの配管工事の会社のKくんの母親の店に飲みに行ったのですが、それも同じビルではないかと思われました。事前に年配の女性が二人でやる小さな店と聞いていました。

 昭和59年当時も片町の同じような店の話を聞いていたのですが、それというのが金沢市場輸送の竹沢俊寿社長の夫人の店の話でした。場所も聞いていたのですが、私にはオーロラ会館の近くのように聞こえました。

 12月21日の夜、近年知った新天地の近くと思われる場所に、プレハブの屋台のような店が並んでいて、焼き鳥屋のような店に被告発人浜口卓也に連れて行かれました。最後もオーロラ会館の上の階の店だったように思うのですが、店の女性店員二人と店を出ました。

 先に話を通してあった気もするのですが、私と被告発人浜口卓也、女性2人が男女二人で別行動に分かれるという話になり、私は断って、タクシーに乗ったのだと思うのですが、市場急配センターに戻って、トラックの中で寝たように思います。

 深夜でしたが1階の運転手の休憩室は電気がついていて、何人か顔見知りの運転手もいたと思います。今は誰だったのか思い出せないですが、親しい間柄ではなかったと思います。

 この12月21日の夜、というかあるいは夕方遅くに、南新保の被告発人浜口卓也のアパートを尋ねたのは、昼にトラックの運転席から投げ捨てて、拾ってきたネックレスを、被害者安藤文さんに渡してくれるよう被告発人浜口卓也に頼むのが当初の目的でした。

 その話を言い出す機会もなかったのですが、私が訪ねてくることや訪問の目的はよくわかっているような様子でした。次の22日の夜に金沢市花里の被告発人安田敏のアパートを訪ね、そこでネックレスの箱を渡して頼んでいます。

 谷内孝志警部補に、被害者安藤文さんに心理的負担を与えたとか都合の良い解釈を導いたティファニーのネックレスですが、被告発人梅野博之の供述調書に、事務所の机に入れたままになっていたと記載があったことは、読むまですっかり忘れていました。

 イワシの運搬の仕事は、吹雪でも時間厳守の鮮魚の仕事にくらべ、ずいぶん気楽でもあったのですが、金沢港での待機の時間が多く、竹林のおごりで遊び回っていました。普通の食事も出してもらっていたかもしれません。

 前年のイワシの運搬でも、大西真さんに同じようにおごってもらっていましたので、その延長感もありました。いくら婚約が破談して貯金の必要がなくなったといっても、この変わり様はないのではと疑問に思うこともありました。

 しかし、竹林はこれが本来の自分の生活スタイルで、自分のことを遊び人とも話、遊び人の付き合いなので金を出す必要はないなどと言っていたのですが、後に被告発人浜口卓也にこの話をすると、けっこう腹を立てて怒っていました。

 小木港や姫の遠洋漁船の漁師にも似た考えの人はいて、陸の者には金を出させないなどという人もいて、前にそういう付き合いもしていたので、それほど違和感はなかったのです。

 おごってもらった記憶はないのですが、KKさんともよく一緒にいました。市場急配センターの被告発人松平日出男の直属部下のような立場で、イワシの運搬の現場監督のようなことを、数字を書き入れながらデータの記録をしていました。

 もと石川県警察の警察官で、交通機動隊の白バイ隊員だったとも話すKKさんでした。裁判のことは知識も関心もなかったのですが、父親が最高裁の判事だと話していました。

 これは後に、被告発人多田敏明が、被害者安藤文さんの父親を弁護士と言い出したことともつながるのですが、拘置所に入ってから、最高裁が日本に1つしかなく判事が15人しかいないとも知って、信じがたいような話に思えてきたのです。

 昭和59年当時、蛸島のTSさんは新田商店の運転手と聞いていたように思うのですが、金沢港で姿を見ることはなかったような気がします。事故でまだ入院中だったのかもしれません。新潟県の米山インターの国道8号線上の事故と聞いていましたが、レスキュー隊の救出にも時間がかかったとか。

 どこをどのように怪我をし、どこでどれぐらい入院していたという話は聞いていたのかもしれないですが、記憶にありません。新田商店では4台の4トン保冷車がいると聞いていたように思いますが、後ろの扉に観音像を描いたトラックがいました。

 その運転手の名前も聞いていて上の名前だけでしたが今でも憶えています。珠洲市でも見附島の近くだと聞いた憶えがあり、蛸島のTSさんよりはいくらか年上とも聞いたように思います。

 観音像のトラックはスルメイカの時期、金沢港でよく見かけていたのですが、運転手の姿を見ることはなかったと思います。

 新田商店は白ナンバーのトラックでしたが、夜の11時ぐらいに金沢港を出発して、新潟、名古屋、大阪にも行っていると聞いたかもしれません。その市場で荷降ろしをしてすぐに戻り、家に帰って、また夜の競りに出てくるという話でした。

 金沢市場輸送が金沢港でやっていたスルメイカの仕事は、6月頃で期間は1月もなかったようにも思うのですが、昼に出発して、東京や東北が多く、名古屋もありました。

 新田商店などは魚問屋で魚屋とも呼ばれていたように思いますが、4トン保冷車が2,3台の白ナンバーの会社が、金沢港には他にもいくつかあり、被告発人大網健二の兄がいた直市商店もその1つでした。

 直市商店の前にいたのが金沢市場輸送で、ちょうど昭和59年のスルメイカの時期に、4月頃の被告発人大網健二と同じく私の紹介というかたちで入社していました。

 昭和59年には7月に入ってもスルメイカの仕事があったように思うのですが、昭和60年代には6月の終わり頃には終わって、ちょうど終わって仕事が忙しくなくなった頃に、慰安会がありました。

 慰安会といっても、昭和62年の山中温泉キャッスルバーデンホテル、平成2年の片山津温泉ホテル長山で、他は希望者だけが自費で参加するという話でしたが、私は自費で参加したことがありませんでした。

 麻雀好きのメンバーだけが集まって行くという話も聞いたことがありました。平成3年には粟津温泉であったと聞いたのですが、それには被害者安藤文さんや被告発人池田宏美も参加したと聞きました。金沢市場輸送の女子事務員もいたのではと思います。

 ずっと憶えていて何度も書面に記述しているはずですが、2人の若い金沢市場輸送の女子事務員の一人は谷口さんという名前で、平成3年12月に、被害者安藤文さんが好きな人のプレゼントのマフラーの手編みを習いに行っていると、被告発人安田敏が話していました。

 それらしいマフラーや毛糸が入った紙袋のようなものを市場急配センターの事務所前に停めた被害者安藤文さんの車の後部席の足元で見たこともありました。

 被告発人安田敏の口ぶりなどで、クリスマスプレゼントを予定しているようでした。

 プレゼントをする習慣は24日のクリスマスイブという日だと思うのですが、その数日前、18日かあるいは19日と思うのですが、被告発人東渡好信が私にクリスマスの運行の指示を出し、隣の隣の席に座っていた被害者安藤文さんが、がっくり首をうなだれたことがありました。

 こういうのも金沢西警察署の取り調べで谷内孝志警部補には話していると思うのですが、谷内孝志警部補作成の乙号供述調書には記載が見当たりませんでした。

- 2021年07月28日08時23分の登録: 2021年07月28日の記録:写真資料:第1審事件記録3/3 (証拠書類 検乙1〜13 検甲43) 被告人 廣野秀樹https://kk2020-09.blogspot.com/2021/07/202107283311343.html

 4月14日、4月9日、4月10日、4月7日、4月13日、4月15日、4月16日、4月29日、4月18日、4月17日以上が今確認したところの、谷内孝志警部補の作成した被疑者廣野秀樹の供述調書の日付です。

 やはり日付で並んでいませんが、4月29日の供述調書というのは先日意外に感じていました。これは起訴後になりそうなのですが、取り調べが始まって3週間ぐらいでぴたりと取り調べも供述調書の作成もなくなったと思っていました。

 なにか強姦の犯意を強く認めさせるような内容の供述調書になっていたかもしれないですが、これを無理なこじつけと疑わず、そのまま通した江村正之検察官や判決を出した裁判官がいたのも不思議です。

 被疑者は嘘をつくもの話半分以下という思い込みもあったのでしょう。

 谷内孝志警部補の供述調書には、私の本意を汲んだような表現もあって、被害者安藤文さんに対して行った性行為の目的についても明確にされていたと思います。また、裏駐車場のこともずいぶんな回数供述調書に出てきたのは意外でした。

 谷内孝志警部補の作成した供述調書を全部まとめて一気読みしたのは初めてだったかもしれません。最初に読んだのが平成6年12月の斐川雅文弁護士の郵送による差し入れで、縮小版ですが、なぜ自分の供述調書があるのか不思議に思えました。

 私がずっと求めていたのも、市場急配センターの関係者の供述調書で、そちらの方に強い関心があったのと、谷内孝志警部補の供述調書の手書きの文字は、他の甲号供述調書と比較しても、文字が読みづらく、どうしても読み取れない文字があったとも記憶にあります。

 相変わらず読みづらい手書きの文字とは思いましたが、文脈でパターンを当てはめだいたいの推測ができるようになりました。なかなか人に読む気持ちを起こさせないような文字で、それも意図された仕込みの作業なのかと勘ぐりたくなるほどです。

 被告発人安田敏のことを「安田さん」などと書いた箇所も2つはあったと思うのですが、被告発人安田敏に対する具体的言及は確認されなかったと思います。実際の取り調べで、谷内孝志警部補は、「あんな男の話をするな、お前の男が下がる」などと憤慨していたのです。

 4月2日から20日ぐらいは連日取り調べがあり、供述調書の作成されなかった日というのは記憶にないぐらいなのですが、29日を除くと数えて9通になります。半分ぐらいは江村正之検察官がボツにして金沢地方裁判所に出さなかったのかもしれません。

 そう考えると、江村正之検察官の責任というのも今まで以上に重く思えてきました。

 「第1審事件記録3/3 (証拠書類 検乙1〜13 検甲43) 被告人 廣野秀樹」という綴りで弁護士がまとめる段階ではねたという可能性も考える余地がありそうですが、斐川雅文弁護士から郵送されたのも同じぐらいの数で、そちらで、だいぶん前におかしいと思っていました。

 私の記憶違いで連日の取り調べや供述調書の作成というのは実際になかったのかもしれないですが、ずいぶん薄い内容に感じました。被疑者から話を聞き取って、まとめていくという作業は大変とは思いますが、影響も図りしれず大きいので、それだけの問題では済まされない気がします。

〈〈〈 2021/07/31 18:17:08 Linux Emacs: 〈〈〈

#告発状 被告発人大網健二/美濃加茂市長事件がきっかけで考え直した本件告発事件の全体像:藤井前美濃加茂市長の記事

告発の事実/ 被告発人らの関与と役割及び具体的犯罪事実/被告発人大網健二/美濃加茂市長事件がきっかけで考え直した本件告発事件の全体像:藤井前美濃加茂市長の記事

:CATEGORIES: @kanazawabengosi #金沢弁護士会 @JFBAsns 日本弁護士連合会(日弁連) #法務省 @MOJ_HOUMU #被告発人大網健二

〉〉〉 Linux Emacs: 2021/07/31 08:48:13 〉〉〉

〉〉〉 kk_hironoのリツイート 〉〉〉


> 初公判4日前に起訴取り消し 不正輸出事件で異例の判断(産経新聞) - Yahoo!ニュース https://t.co/wPnuxllDHh 地検公判部によると、起訴後に被告側の弁護人からの主張を踏まえて再捜査した結果、装置が貨物の輸出規制を定めた省令に該当しない可能性が浮上。

〉〉〉 kk_hironoのリツイート 〉〉〉


> これは相当に問題では?1年近くも勾留しておいて、初公判直前に、法令違反でない可能性で起訴を取り消し。しかも、再捜査すると被告人負担かけるからと恩着せがましい説明。 →初公判4日前に起訴取り消し 不正輸出事件で異例の判断(産経新聞https://t.co/srGnbu5tAa

〉〉〉 kk_hironoのリツイート 〉〉〉


> #弁護士鉄道能登町宇出津編 #告発状202103 #### 「供述調書が、検察官のストーリーの押し付け、威迫、利益誘導等の不当な取調べによって作成された」という2016年当時の郷原信郎弁護士の記事の発見 - 告発\金沢地方検察庁最高検察庁法務省石川県警察御中2020 https://t.co/3roZoiufcd

〉〉〉 kk_hironoのリツイート 〉〉〉


> 現職検察官が国賠審の法廷に立たされる前代未聞の事態 | ハフポスト https://t.co/ZQvIdzbdUU 2017年05月25日 00時57分 JST | 更新 2017年05月25日 00時57分 JST

〉〉〉 kk_hironoのリツイート 〉〉〉


> 日産の100億円賠償請求、元検事の郷原氏がゴーン被告の代理人に - Bloomberg https://t.co/1k08cqejnO これまでゴーン被告に対する民事訴訟代理人を務めてきた三ッ石雅史弁護士と山内順弁護士に加え、新たに代理人として就任したことを明らかにした。

〉〉〉 kk_hironoのリツイート 〉〉〉


> 厳か 御田植え式 飯田高生が早乙女で参加 珠洲新嘗祭に納める米 :北陸中日新聞Web https://t.co/UB24kTALuL 十一月の宮中行事新嘗祭(にいなめさい)」に納める米の御田植え式が二十一日、珠洲市の飯田高校の生徒が早乙女(さおとめ)になり、同市宝立町春日野の献穀田であった。

〉〉〉 kk_hironoのリツイート 〉〉〉


> 帰郷へ 日本は諦めないで 拉致被害者の蓮池さん:北陸中日新聞Web https://t.co/Ojvq5DQlAg 2021年7月30日 05時00分 (7月30日 10時17分更新)

〉〉〉 kk_hironoのリツイート 〉〉〉


> 「不起訴不当」は、「安倍首相」に対する弱腰対応を続けてきた検察への市民の不信の表れと見るべきであろう。首相として国会での数々の虚言で国民を愚弄し続けて政治不信を助長した安倍氏に対して、議決を受けての再捜査で真相に迫れるか、検察の真価が問われる。 https://t.co/nFkXinnuGC

〉〉〉 kk_hironoのリツイート 〉〉〉


> 適切な見出し →安倍前首相の不起訴不当 検審議決、特捜部再捜査へ - 産経ニュース https://t.co/JMJULrClrt

〉〉〉 kk_hironoのリツイート 〉〉〉


> 福岡県中間市の私立双葉保育園で送迎バス内にいた園児のが死亡した事故。自宅で取材に応じた母親(37)は「(子どもを)返してほしい」と泣き崩れました。 登園後、バスに置き去りか 泣き崩れる母「返して」福岡5歳児死亡 | 毎日新聞 https://t.co/BPXiRFEcYx

〉〉〉 kk_hironoのリツイート 〉〉〉


> 保育園送迎バス内で5歳児死亡 気温上がり熱中症か 福岡・中間 | 毎日新聞 https://t.co/At04aqzlxE 2021/7/29 21:59(最終更新 7/30 18:42)

〉〉〉 kk_hironoのリツイート 〉〉〉


> 菅首相が、そのように認識しているのなら、「3000人を超える感染は人々の危機意識の欠如が原因、東京五輪とは関係ありません」と言って、五輪中止を考えない理由を「丁寧に説明」すべきなのではないですか。 https://t.co/VmPoKG8Az9

〉〉〉 kk_hironoのリツイート 〉〉〉


> @nobuogohara こちらにコメントはないのでしょうか?→ - #03 事件の前触れ|藤井浩人 前美濃加茂市長|note https://t.co/2mqrECOsDp

〉〉〉 kk_hironoのリツイート 〉〉〉


> 《郷原信郎の「横浜から日本の権力を斬る!」》⑥ 【7月26日横顔会見(前半)】をアップしました。➡ https://t.co/7ziFzJq8Fv 横浜市役所内で開かれた会見の冒頭の、「なぜ、私が、政党・団体の支援もないのに、横浜市長選挙にこだわり続けるのか」に関する私の発言と、関連する質問です。

〉〉〉 kk_hironoのリツイート 〉〉〉


> 【横浜市長選挙出馬意志表明会見〜掲げる政策には「市政の政治的圧力との決別」も】《郷原信郎の「日本の権力を斬る!」》第92回をアップしました。➡ https://t.co/NPZUQ9eJzw 7月7日、横浜市役所での会見の模様です。

〉〉〉 kk_hironoのリツイート 〉〉〉


> 私は、前科者の呼ばれても政治家として闘う藤井さんを応援します。 「あなた、逮捕されるみたいですよ」 ある日突然、全く身に覚えが無いのに、そんなことを言われたら、あなたは、信じることができますか? そして、何ができるのでしょうか。 #01 ある朝、突然|藤井浩人 https://t.co/5G9OPYXi5M

 上記に16件のリツイートを行いました。

- ./hirono_hideki2021-07-31_085003.csv:2021-07-28 08:11:41 "RT @kentoasai83: この連載は熱い。\n#00 オリンピックとあきらめが悪い37歳|藤井浩人 前美濃加茂市長 #note https://t.co/qTtCzTKX3b"https://twitter.com/hirono_hideki/status/1420159988840894469

- ./hirono_hideki2021-07-31_085003.csv:2021-07-30 19:42:27 "RT @cho_seiho: 私は、前科者の呼ばれても政治家として闘う藤井さんを応援します。\n\n「あなた、逮捕されるみたいですよ」\nある日突然、全く身に覚えが無いのに、そんなことを言われたら、あなたは、信じることができますか?\nそして、何ができるのでしょうか。\n\n#01 ある朝、突然|藤井浩人 https://t.co/5G9OPYXi5M"https://twitter.com/hirono_hideki/status/1421058602328936456


淺井健人
@kentoasai83
note株式会社/クリエイターエコノミー協会/弁護士/趣味は料理、食べ歩き、美術館巡り、読書等
日本 東京2019年6月からTwitterを利用しています
435 フォロー中
349 フォロワー
フォローしている人にフォロワーはいません

- 淺井健人さん (@kentoasai83) / Twitterhttps://twitter.com/kentoasai83

 2,3日前に1度見かけていたと思い調べたところ、7月28日8時11分のリツイートだったようです。どこかのタイムラインでリツイートされたツイートを見かけリツイートしたと思うのですが、思い当たるタイムラインがありません。趙誠峰弁護士のタイムラインでは藤井前美濃加茂市長の関連ツイートは見かけていると思います。

 プロフィールに「note株式会社/クリエイターエコノミー協会/弁護士/趣味は料理、食べ歩き、美術館巡り、読書等」とあるアカウントのツイートでした。

 昨夜19時42分のリツイートは、趙誠峰弁護士のツイートでした。趙誠峰弁護士のタイムラインで見たツイートと思います。

- #00 オリンピックとあきらめが悪い37歳|藤井浩人 前美濃加茂市長|notehttps://t.co/AARh1AX0wZ \n 2021/07/25 20:41

 藤井浩人氏のnoteですが、今確認すると7月25日20時41分が最初の投稿らしく、#00から始まっていますが、現在#04で4本目となっています。読んだ時間が自分のタイムラインではわからなかったのですが、4本まとめて読了しました。

 今朝は起きてパソコンをつけたのが6時40分過ぎでしたが、その1時間から1時間ほど前に目が覚め眠れずにいました。起きるしばらく前に考え事で思い出したのが、蛸島のTSさんのことです。

 しばらく思い出すことがなかったことにも気がついたのですが、一昨日の29日に珠洲市三崎町の須須神社までバイクで行き、行き帰りに蛸島町を通過しています。

 たぶんネットでも前に記述したものがあると思うのですが、前美濃加茂市長の藤井浩人氏は、珠洲市との共通点があって、そういう面でも注目をしていました。詐欺師という第三者に人生を狂わされたということで、警察や検察がその被害に加担したような話で、物語としても自分の立場に似た点があります。

〉〉〉 kk_hironoのリツイート 〉〉〉


> 私が横浜市長選にこだわり続ける3つの理由、「民意」「支配」「適格性」 - 郷原信郎(ゴウハラノブオ) | 選挙ドットコム https://t.co/7ppHRHnuMC

- 珠洲市https://t.co/4k33wUL6ab

 Wikipediaのつもりでリンクを開いたら珠洲市のホームページが出てきましたが、これは初めて見るようなページで、あるいは大幅なデザイン変更があったのかもしれません。ブラウザの拡張機能からツイートしたところ直後に郷原信郎弁護士のツイートが出てきました。

- 市長プロフィールhttps://t.co/5ydyMFkYGA \n 平成18年 6月珠洲市長に就任 \n (現在4期目)

 珠洲市の泉谷市長ですが、1年か2年ほど前になって同じ年の生まれで学年も同級生になると知りました。早稲田大学卒業というのは初めて知ったように思いますが、珠洲市長の就任が平成18年6月と確認しました。

 「2006 - 1964」と計算すると42と出ました。けっこう意外に感じたのですが、この泉谷市長が就任したとき、テレビで全国で歴代2番目とかの若さというニュースを見た記憶があったのです。

- 若年で当選した首長の一覧https://t.co/ZvIkYTfZK0

 昭和22年に24歳で当選した人がいて驚いたのですが、市区町村の首長ということで村長も含まれていました。若年は村長や町長が多いようですが、28歳だと武蔵村山市四條畷市美濃加茂市長もありました。よく見ると藤井浩人氏で28歳10ヶ月とあります。

 ずいぶん大きな勘違いをしていたようですが、珠洲市の泉谷市長が就任したのが平成18年ということで、自分の感覚としては平成15年辺りかと思っていました。まだ原発建設のニュースがあった頃と思いますが、泉谷市長の就任後に原発の問題はなかったように思います。

- 珠洲原子力発電所 - Wikipediahttps://t.co/5cHCJG80i5 北陸電力中部電力関西電力の電力会社3社(以下電力3社と表記)による共同運営が予定されていたが、1975年の計画浮上から28年目の2003年12月5日に計画が凍結された。

- 珠洲原子力発電所 - Wikipediahttps://t.co/5cHCJG80i5 電力3社が共同で運営を予定していた原子力発電所で、中部電力側が珠洲市三崎町寺家地点で、北陸・関西両電力が珠洲市高屋地点(関西側が主導)で発電施設を共同開発するものであった。

 このWikipediaは前にも目を通しているはずですが、珠洲市高屋の建設計画はよく知っていたのに、珠洲市三崎町寺家というのは意外に感じました。寺家の辺りは砂浜の海岸線が続くのですが、狼煙との間だと、原発が建設されそうな場所があるかと思います。

- 珠洲原子力発電所 - Wikipediahttps://t.co/5cHCJG80i5 1996年5月31日 - 1993年4月18日に実施された珠洲市長選挙の無効訴訟で最高裁が上告を棄却し推進派である林幹人(はやし みきんど)の当選無効が確定

 当時は大きなニュースになっていたものと思いますが、「1993年4月18日に実施された珠洲市長選挙の無効訴訟で最高裁が上告を棄却」というのは知らなかったように思います。石川県に住んでいるので、志賀原発の反対派の裁判というのはよく見かけてきました。

〈〈〈 2021/07/31 09:54:39 Linux Emacs: 〈〈〈

#告発状 被告発人梅野博之/金沢西警察署 司法警察員 巡査橋本登志彦作成にかかる平成4年4月24日付供述調書の重大な問題点

告発の事実/ 被告発人らの関与と役割及び具体的犯罪事実/被告発人梅野博之/金沢西警察署 司法警察員 巡査橋本登志彦作成にかかる平成4年4月24日付供述調書の重大な問題点

:CATEGORIES: @kanazawabengosi #金沢弁護士会 @JFBAsns 日本弁護士連合会(日弁連) #法務省 @MOJ_HOUMU #金沢西警察署 #被告発人梅野博之 #被告発人浜口卓也 #被告発人安田敏 #被告発人安田繁克 #被告発人池田宏美

〉〉〉 Linux Emacs: 2021/07/30 10:36:50 〉〉〉

 昨日の7月29日は、バイクで珠洲市寺家の須須神社まで行ってきました。帰りに雨の関係などで長い時間、能登鉄道旧珠洲駅の場所にある「すずなり」に長い時間いることになったのですが、過去を振り返る時間にもなりました。

 被告発人松平日出男の2つの供述調書は比較的最近、資料を作成し公開していたことを憶えていたのですが、被告発人梅野博之のものは記憶になく、出てきたときは、ちょっと驚いたのですが、被告発人松平日出男のと一緒に作成していたはずです。

 Bloggerの写真資料の記事を開くと、供述調書の順番に違いがあることに気が付き、写真をアップロードし直して修正しました。これは被告発人松平日出男の供述調書でも必要となる作業かもしれません。

 写真の向きを直すとファイルの上書き保存になってしまい、Googleふぉとでは、それで作成日時の並びがおかしくなっていたのですが、Bloggerに直接アップロードすることで、投稿順として並びが変わったようです。

 被告発人梅野博之の供述調書は、これまで読む回数や頻度が最も多かったと思うのですが、供述調書が作成された4月24日という時期も関係あると思います。被害者安藤文さんの意識の回復が見込めなくなったからで、事実上、死人に口なしのような見込みと期待もあったのでしょう。

 あらためて読むと、これまで思っていた以上にひどい内容の供述調書なのですが、この被告発人梅野博之に対する聞き取りで供述調書を作成した金沢西警察署の警察官に対する疑問が大きくなっていたところ、最後に橋本登志彦巡査の名前がありました。

 正確には「金沢西警察署 司法警察員 巡査 橋本登志彦」と記載されています。確か警察官の階級は、下から巡査、巡査部長、警部補、警部となっていたはずで、巡査部長の供述調書というのは見覚えがあったのですが、巡査というのは意外でした。

 正確性は90%ぐらいの自信なのですが、この橋本登志彦刑事は、強く印象に残る金沢西警察署の警察官で、テレビで見る鑑識のような作業を担当する警察官でした。金沢西警察署の捜査資料でもそのような資料作成の担当者として名前を見ています。

- 2021年07月30日11時00分の登録: 「橋本登志彦」を@hirono_hideki @kk_hirono @s_hironoで検索 7件の該当 2021-07-30_11:00の記録https://kk2020-09.blogspot.com/2021/07/hironohidekikkhironoshirono72021-07.html

 一度は記述し、Twitterの投稿にもなっていると思っていたのですが、上記のまとめ記事で確認したところ少なくともツイートは存在しませんでした。

 よく憶えている理由に、金沢西警察署の2階で、思いっきり怒鳴りつけられたことがあったからです。机の上に被害者安藤文さんの写真のようなものがあって、通りすがりに覗き込むような素振りを見せたところ、鬼のような形相で私を叱りつけていました。

 よく入る取調室の前に、その橋本登志彦巡査の机があったとも思うのですが、外から戻り留置場に入るときも、その机の前を通っていました。刑事課の広い部屋で、2階に上がった通路ともそのままつながっていたと記憶にあるのですが、左手が取調室でした。

 同じく右手の奥に留置場に入る出入り口がありました。広い通路と刑事課の広い部屋はL字型のようにつながっていました。留置場の方もずいぶんと変わった構造の建物となっていたのですが、4つほど部屋があって、その周りが一周できる細い通路となっていました。

 テレビや映画で見るような留置場とはずいぶん違っていて、土蔵のような蔵屋敷がむき出しのコンクリートで作られたような感じで、部屋の畳というのも1枚が大きかったですが、柔道に使うような畳で、色も青っぽい緑だったかもしれません。

 部屋にはトイレがなかったとも思います。トイレのときも外に出してもらっていましたが、洗濯のときも外に出て、奥の方から回った裏側に洗濯物を干しに行っていたと記憶にあるのですが、窓から大野湊神社の鳥居や参道が見えたと記憶にあります。

 橋本登志彦巡査と思われる人物は、他にも大きな特徴があって、能登話し言葉で方言丸出しだったのですが、それが宇出津の出身者としか思えない喋り方で、宇出津でも新町、さらには大橋組の人ではないかと思えるほど、個性の強いものでした。

 平成4年当時はまだ宇出津にバイパスも出来ておらず、国道249号線が町の中心部を走っていたと思いますが、新町通りとも呼ばれるように、商店街の中心部が新町でした。

 2016年に祭礼委員をやった関係で、私は初めて知ったのですが、新町は3町内に分かれ、金沢に近い方から上町、中町、大橋組になるとのことです。上町と中町が新町になることは知っていましたが、個人的に大橋組も新町になるというのは意外でした。

 大まかに言って、宇出津の中心にあるのが信号機のある新町の交差点で、そこ交差点から金沢方面とは反対側、梶川との間にある場所が大橋組になります。10年ほど前々では、梶川橋の隣に千間書店があり、その隣に能都会館というパチンコ店がありました。

 他にも商店が列んでいたのですが、その辺りでよく聞いたと思う話し言葉が、橋本登志彦巡査と思われる人物には強く感じられました。同じ宇出津でも当時は、けっこう違いがあったと思います。

 これはずっと前から頭にあったことですが、今朝初めて、能登町の電話帳で調べてみることを思いつき実行しました。橋本登志彦という名前は2021年の能登町の電話帳になかったですが、宇出津でよく聞く名前だと思っていたところ、能登町で47件の名前がありました。

 最近になって宇出津地区の全世帯数は1600件ほどと聞いています。能登町だと世帯数も増えると思いますが、これまで能登町の電話帳を見てきた中でも、特に多く感じました。全国的にも数は多そうな名前ではありますが、割合が高そうです。

- 橋本さんの名字の由来や読み方、全国人数・順位|名字検索No.1/名字由来net|日本人の苗字・姓氏99%を掲載!!https://t.co/ockxc79ptc

 調べてみると全国順位24位とのことですが、橋本いう姓の割合では石川県が3位となっていました。

 橋本という名前は、開いた能登町電話帳の左手のページにあったのですが、他に多い名前はあるのかと右手のページに目を移したところ、ここで発見がありました。能登町に浜口という名前は5件で、1つ見覚えのある名前が、「濵口卓也」となっていました。

 浜中という名前も宇出津ではよく見かけていたのですが、「濱中」と漢字で書くのは見覚えがありました。濱辺も同じかもしれません。この濱は日本語変換候補に浜の旧字体となっているのですが、濵口卓也の濵は、機種依存文字となっています。

 電話帳には住所が真脇に続けて番地となっていましたが、この能登町真脇の番地でGoogleマップで調べると、見覚えのある被告発人浜口卓也の実家の建物が出てきました。実際に住んでいる可能性も考えたのですが、浜口商運という運送会社は金沢にそのままあるようです。

 ストリートビューでみると、浜口商運の駐車場に初めてみると思う大型保冷車の写真があるのですが、右下にある撮影日が2012年9月となっていました。前に同じストリートビューを見てから半年は経っていないように思います。

 今回、私が初めてみたと思った大型保冷車ですが、保冷車としては、これまでに私が見たことのない特徴があります。前輪2軸というのですが、前輪のタイヤが前後に2つあります。

 中西運輸商では乗務したこともありましたが、雑貨を運ぶのに多いトラックで、後輪が横から見て1つになっていました。実際にはダブルタイヤになります。保冷車に多いのが10輪で、前輪は左右1本、後輪がダブルの2本で、全部でタイヤの数が10本になるためか10輪と呼ばれていました。

 ダンプも同じでほとんどの大型トラックは10輪になっていると思います。佐川急便では前輪2軸が多かったのですが、余り過積載にならないことを大前提とし、10輪より燃費が削減できるという話を聞いたように思います。狭い場所には適さず小回りがきかないとも聞きました。

 今回見た、浜口商運の前輪2軸の10輪ですが、正確には12本のタイヤになるはずです。このタイプは、家具を運ぶ専用車でよく見かけていました。底床と言って床を低くし、荷台の中の高さを大きくするのが目的のようでした。

 今も変わっていないとは思いますが、大型トラックも4トン車も高さ制限は車検で3.8メートルが最大となっていました。床を低くした分だけ荷物が多く積めるようになりますが、安定性と補強の強度は悪くなるはずです。

 多くの重い荷物を運ぶためには車体の補強が必要となりますが、補強するほど全重量が増えるので、積載量が減るという話でした。その後、重量制限の法律が変わったとも聞いているのですが、金沢市場輸送の保冷車で最大積載量は9200か9250となっていたような記憶です。

 補強した保冷車では、これが7トン台から6トン台になるとも聞いていたのですが、当時のこのような基準に照らせば、8トン以下の積載量に見えるトラックですが、素材自体も軽量化され前とは違っているのかもしれません。

 冷凍機付きなのかわからないですが、右側の車体の下に取り付けられた冷凍機というのもありました。冷凍機付きだと重量も増えますが、ナンバーも88ナンバーに変わっていました。平成2年当時でも、保冷車に冷凍機は必須のようになっていました。

 鮮魚を運ぶ保冷車にはみえないのですが、冷凍食品であれば、かさばって重量が重くならない荷物もありそうです。冷凍魚だと膝の高さで並べて8トンぐらい、定量に近くなるという話もありました。箱の中が高くない保冷車でも満載で30トンになると聞いていました。

 金沢市場輸送の保冷車は、箱の中の高さが2メートル10センチでしたが、保冷車では高い方でした。浜口商運が荷物を運ぶ得意先というのも情報を見たことがないですが、特殊な生鮮食品を取り扱っている可能性はありそうです。

 また、上記の説明とは矛盾しますが、保冷車の左手に扉が2枚あって、これもずいぶん久しぶりに見かけました。今は保冷車でもウィング車が多くなっているはずで、この2枚の扉は補強が弱いとも聞いていました。

 ウィング車だとパレットに乗せたフォークリフトでの積み下ろしが出来、現在の物流の主流ともなっていそうです。この横に2枚ある保冷車というのは乗務した記憶がないですが、横から荷降ろしをする必要がある場合、2枚あるとかなり楽になっていました。

 よくみると保冷車の中に発泡スチロールの魚箱があり、これは鮮魚を運んでいる可能性が大だと思います。冷凍食品などではほとんど必要ないのですが、鮮魚の場合は荷崩れを防止するため、荷物の間に魚箱や蓋をきつく詰め込んでいました。

 発泡スチロールの魚箱の場合は効果がてきめんでしたが、ダンボールの箱に入ったような荷物だと全く効果がなく、使うことはなかったと思います。ベニア板を立てバンドを締め付けるための金具も扉の内側についているのがわかります。

 普通の荷物だとバンドを使うだけでも十分と思うのですが、発泡スチロールの魚箱の場合は特別で、よほどしっかり押さえておかないと下にある運ば潰れて、荷崩れを起こすのが目に見えていました。もっとも段差のない高速道路ばかりだと心配は少ないかもしれません。

 ストリートビューの角度をずらすと、保冷車の箱の中に7枚ほどプラスチックのパレットが置いてあるのが見えました。卸先のパレットに積んで下ろすことは普通にありましたが、保冷車の中にパレットを積んであるというのも初めてきたように思います。

- 運送 有限会社浜口商運(300062)-engagehttps://t.co/xLN2UpGOm7 4t車で主に食品のルート配送。北陸三県のスーパーに卸す。

 食品をスーパーに配送とあります。市場急配センターの仕事内容とも似ていそうですが、金沢市近郊の人口もそう変わってはいないはずなのに、食品の物流の量がそんなに増えるものなのかという疑問はあります。また、石川県外のスーパーの配達というのは当時なかったはずです。

 市場急配センターのトラックだけでも平成4年当時とは倍増し、2トン車が多かったトラックも4トン車が多くなっているようです。取り扱う荷物がそれだけ増えているはずですが、金沢中央卸売市場の仕事だけでそんなに増えるものなのか疑問です。

 浜口商運のトラックというのは塗装をしないトラックなのかと思っていたのですが、12輪の大型保冷車を見ると、純正に近い目立たぬ色で塗装しているようにも見えます。

 被告発人浜口卓也が、金沢市場輸送で最初に持ち込み2トン車の仕事を初めたのが、平成2年の夏から秋ごろになると思います。同年6月にあったと思われる片山津温泉ホテル長山の慰安会のときにはまだおらず、その1,2ヶ月後だったと思います。

 8月から9月とも推定されますが、被告発人浜口卓也のトラックを見かけるようになったのは真夏のような季節ではなかったような気もします。たしかワイドボディの2トン車で、塗装はしないないと思われるトラックでした。

 奥能登の宇出津で生活しているとトラックを見る機会が少ないですが、塗装をしていない純正と思われるトラックは、ダンプでも見かけていました。大型車になると、ほとんど見かけず、運送会社でカラーを決めていることがほとんどと思います。

 塗装をしないほうが経費の削減になるはずですが、社名の確認は運転席の窓の横の縦書きの文字になります。これは必ず必要なものらしく、ペンキで「(有)浜口商運」となっています。市場急配センターの場合は、「(株)市場急配センター」ではなかったかと思います。

 この塗装のないトラックを最初に見かけたのが、平成9年の7月頃で、金沢市西念町の双葉湯の近くでした。民家の空き地のような駐車場に、そんな塗装のないトラックが、かなりの台数まとまって駐車していました。多くて10台ぐらいだったかもしれません。

 とそうのないトラックがそれだけまとまっているのも珍しいと思っていたのですが、よく被告発人大網健二の運転する車で、その駐車場の前を通っていました。

 平成9年の7月からどれぐらい経っていたのか今は思い出せないですが、ずいぶん後になってから、被告発人大網健二が被告発人浜口卓也の会社のトラックだと言い出し、たぶんそのときには浜口商運有限会社という会社名も聞いていたように思います。

 令和3年3月31日付告発状より前の記述になるかもしれないですが、昭和59年当時、双葉湯のすぐ近くには「飛鳥」という食堂があり、金沢市場輸送の運転手が常連で、ツケもきくようになっていました。食堂というよりは喫茶店か、飲み屋に近い店でした。

 平成9年には近くに新しい店が出来ていて、周辺の建物が変わったためか以前と同じ場所には思えなかったのですが、店の雰囲気もガラリと変わり、和風で木目が多い店内になっていたと記憶にあります。メニューも違っていたように思うのですが、繁盛店という様子でした。

 この続きは、被告発人浜口卓也と被告発人大網健二との関係として、この告発状に記載しておきたいと思います。

 被告発人梅野博之の供述調書の問題点ですが、橋本登志彦巡査が疑問を感じ、上司に報告なり説明をしなかったのか不思議です。被疑者を有罪にするという目的で合格した供述調書なのかもしれないですが、事実の確認など不要と考えていたのか、法廷での弁護士の仕事だとすれば杜撰かつ理不尽すぎます。

 被告発人梅野博之は配車係として毎日、市場急配センターの2階事務所にいて運転手に指示を出していたように供述していますが、ある時期を境に姿をよく見かけると思うようになったものの、現場というのは金沢中央卸売市場の売り場にあり、事務所ですることは少なかったはずです。

 平成4年2月3日に被害者安藤文さんの裏駐車場での駐車が終わり、次の変化のパターンというのが、私が会社にいる時間に合わせて、被害者安藤文さんが事務所にいて、私で運行に出るのに合わせて、会社を出るという行動パターンです。

 具体的には、金沢市場輸送でのパソコン入力の作業になります。当時はまだパソコンという言葉が一般化しておらず、コンピューターと呼んでいたかもしれません。金沢市場輸送にあって市場急配センターの事務所にはない事務機でした。

 もともと被害者安藤文さんは、午前中に金沢市場輸送に行っていたように思いますが、午前午後に限らず、私に合わせるようになりました。もっとも11月中にも被害者安藤文さんが午後に金沢市場輸送に行き、16時過ぎに戻るということはありました。

 自分の乙号供述調書として呼んだのか、ここ数日の記憶がはっきりしませんが、3月に入ってからは、被害者安藤文さんの行動がより極端なものになり、私が2階に来ると1階に降りたり、色々とありました。

 以前の記述では3月の10日頃ということにしていたと思いますが、そんなときに市場急配センターの2階事務所の模様替えがありました。家の部屋の模様替えとは違うかもしれないですが、事務所の机の位置が大きく変わりました。

 市場急配センターの2階事務所は、建物の前後の真ん中ぐらいに階段を上った出入り口があり、建物の前面の半分ほどが、事務員の机と、その奥の被告発人松平日出男社長の大きな机となり、右手に応接用の机と椅子がありました。

 最初、机は向かい合って6つ並んでいたように思います。あるいは4つですが、基本的に、出入り口から手前の右端が被害者安藤文さんの机、その向かいが被告発人池田宏美の机となり、手前の左端には、被告発人東渡好信が座ることがありました。

 被害者安藤文さんと被告発人東渡好信が隣り合った机に座っていた様子というのは思い浮かばないので、やはり間に余り人の座らない机があったように思います。

 被告発人梅野博之は、向かい側の左端の机が自分の机のようでしたが、いないことが多かったように思います。机に座っていても事務作業する姿は見ることがなかったかもしれません。書物をする姿も、資料を読むような姿も記憶には出てきません。

 被告発人梅野博之は長距離の仕事をし、長距離の配車をしていたような供述をしていますが、4トン車で山梨県からぶどうや桃を運んでくる臨時の仕事はしていたようです。山三青果でも見かけることはあったと思います。

 被告発人梅野博之は、自分で、東京の高島平から首都高に乗って都内に向かうのに、国道17号線を新潟方面に向かって走り、1時間ほど間違いに気が付かなかったと、笑い話にしていました。

 おそらく進行方向の道路標識には熊谷、高崎などと出ていたはずですが、「新潟」と看板が出てきてようやく間違いに気がついたのでしょう。

 市場急配センターの長距離は大型車がメインでした。被告発人梅野博之は大型車の免許は持っておらず、少なくとも大型車の運転をすることはなかったので、大型車の配車というのは無理があると思いますし、実際に指示を受けることもなかったです。

 被告発人多田敏明も4トン車で臨時の仕事をよくやっていました。飛び込みのような貸し切りの仕事で、私も以前はやったことがありました。市場急配センターでは余りなかったと思いますが、河野さんと二人で、宇出津のAコープ能都店と七尾市の市場に大型車でミカンを運びました。

 時期が思い出せないのですが、一度、4トン車で珠洲市飯田町のスーパーにミカンを運んだという記憶もあります。昭和61年の12月頃は、同じくミカンを山中温泉のスーパーか食料品店のような店に運び、妻子を同行させていたことを憶えています。

 平成4年は携帯電話が出始めの時期で、被告発人東渡好信が1つ持っていましたが、被告発人梅野博之は持っていなかったと思います。

 市場急配センターの市内配達というのは朝のマルエーというスーパーの定期便の他は、たぶん全てが金沢中央卸売市場の青果の仲買の仕事だったと思います。午前と午後の配達が休日以外毎日ありましたが、たまに大口での配達が出たようです。

 金沢中央卸売市場の売り場の奥に仲買の商店が並び、仲買の社員が台車で荷物を持ってきたりしていましたが、臨時でまとまった荷物の発注があったときは、被告発人梅野博之に配達の手配を頼んでいたはずです。

 市場急配センターに電話を掛けて被告発人梅野博之に頼むということもあったかもしれないですが、売り場にいる市場急配センターの運転手に声を掛け、被告発人梅野博之の居場所を聞いて、連絡を取る方法が現実的で早かったと考えられます。

 仲買の仕事は午前11時半が出発だったとも思いますが、午後が2時かあるいは2時半で、その時間には売り場に被告発人梅野博之がいたと考えられ、よほど急な発注でない限り、その場で被告発人梅野博之に声を掛けていたと考えられます。

 運転手の都合がつかなければ、被告発人梅野博之が自分で配達をしていたのでしょう。もともとそのような仕事ぶりだったので、市場急配センターの事務所で彼の姿を見る方が珍しいぐらいで、暇を持て余し、行く場所がないときにいる感じにも見えました。

 事務所の模様替えですが、これは被告発人梅野博之の供述する状況と一致するところがあって、出入り口の正面に机を1つ置き、門番か管理人をするような格好になったのです。私と被害者安藤文さんの関係を目的にした行動であることは明らかでした。

 被告発人梅野博之は、私が出先から掛けた電話で被害者安藤文さんに話を求めたと供述にありますが、これは2月4日頃の福岡市内からの電話、2月19日頃の愛媛県新居浜市辺りからの電話、それと3月20日頃、清水市行きのミールを積んだ夕方のことを指しているのだと思います。

 それぞれ、その場での情況や成り行きがあったのですが、原因となるような情況を操作し仕組んだのも被告発人梅野博之の役割分担のようなものです。

 事件当日の4月1日のことも被告発人梅野博之は供述をしていますが、被害者安藤文さんを不安にさせたのも被告発人梅野博之と被告発人池田宏美の働きかけであって、被告発人梅野博之はずいぶん不機嫌そうな顔をし、被告発人池田宏美は俯いて深刻そうな顔をしていました。

 被告発人梅野博之は、私が前日から仕事が上がりで会社でぶらぶらしていたと供述していますが、本気でこれを言ったとすれば、私の運行状況を全く把握していなかったことになります。

 市場急配センターで最後の運行となりましたが、これは市場急配センターでは珍しい三角運行となっていました。通常は関東に行けば、関東から荷物を積んで帰ります。このときは臨時の仕事で、浜松と名古屋行の荷物を積み、山三青果を3月30日に出発しました。

 3月31日の未明に名古屋市内の市場で荷降ろしを終え、外が明るくなった頃には知多半島碧南市の入口にいました。碧南市内から瓦の荷物を積んで戻るという指示が出ていたのですが、荷物がなくなったと言われ、小牧市内からアサヒビールの缶ビールを積んで帰りました。

 金沢市場輸送でも愛知県内からの帰り荷というのはとても珍しいもので、積んで帰った荷物のことは記憶にないんですが、愛知県内の星崎運輸の会社に行ったことは記憶に残っています。帰り荷を頼めるのは金沢市場輸送でこの星崎運輸だけだったはずです。

 金沢市場輸送で愛知県内への運行というのは、時期によって多く、ミールの荷降ろし先のほとんどが愛知県内で、スルメイカ名古屋市の魚市場に運ぶこともあったのですが、帰り荷というのは最初からほとんどないものと思っていました。

 三重県の津市がほとんどだったかもしれないですが、1月22日から23日の運行がミールのとんぼ返りの運行で、朝にミールを下ろすと、夕方前には金沢に戻り、またミールを積んで出発していました。これが意外にきつく、睡眠不足にもなっていました。

 碧南市の瓦の仕事というのは被告発人浜口卓也がよくやっていると聞いていたのですが、結局私は一度もすることがなかった仕事になります。そういえば、市場急配センターは小林運送の仕事をするようになっていたので、それで愛知県内の帰り荷も手配が出来ていたのかもしれません。

 平成3年12月22日の夜になりますが、被告発人安田敏が怪我をしたという運転手にかわり、今から豊橋に向かってくれという運行の指示を受けたらしいのですが、これが小林運送の仕事をするようになった最初の頃の話だったと思います。

 小林運送には昭和58年の春頃に、長距離助手の仕事をしたこともあったのですが、その頃から青果物を愛知県内から運ぶ仕事をメインにしていました。愛知県内でも多かったのが豊橋市やその近くの渥美半島でした。

 私は2月に入ってからだと思いますが、3回ぐらいその小林運送の仕事をしています。あるいは2回ですが、はっきり憶えているのは渥美半島の先端からトマトを積んだこと、午前中に豊橋の大きな出荷場で、白菜のようなものを積んで出発したことです。

 午前中に青果物を積んで出発するという仕事も珍しかったのですが、それも早い時間だったと思います。被告発人安田敏などはその仕事をよくやっている様子でした。

 時間はいくらでもあるはずなのに、全線高速で金沢中央卸売市場に戻り、昼過ぎに荷降ろしをしていました。よく憶えているのが2月11日のことで、その豊橋から青果物を運んできていた被告発人安田敏と金沢中央卸売市場で会い、夕方にはレストラン十字で一緒に食事をしたことです。

 そのとき私は、被告発人浜口卓也のアパートから彼と一緒に金沢中央卸売市場の売り場に来ていたように思うのですが、成瀬というような名前の若者の姿もあったと記憶にあります。前年の8月の終わりには、別の運送会社から市場急配センターの運転手になっていた2人の1人です。

 飛天龍という焼肉店で、その2人と浅野という(あるいは朝野)、被告発人松平日出男の石川トヨタでの元同僚が入社した歓迎会のような飲み会でした。そこには被害者安藤文さんの姿もありました。

 後で被害者安藤文さんも片町へ二次会に飲みに行ったと聞いたのですが、被告発人安田敏が運転する車で、私は近くの東力のアパートに強制送還されました。被告発人浜口卓也も同じ車に同乗していたのですが、アパートの部屋に灯りがないことをずいぶん訝しんでいました。

 被告発人梅野博之は供述調書で、市場急配センターに平成元年3月から働き始めたとしているのですが、私の記憶にあるのは昭和61年12月頃の入社で、金沢市場輸送でのことです。昭和62年6月の山中温泉キャッスルバーデンホテルでの慰安会にも被告発人梅野博之がいたと記憶にあります。

 金沢市場輸送の事務所が金沢中央卸売市場の前のテナントビルから移転したのが昭和63年7月の初めで、その前年の秋になるのではと思うのですが、市内配達の責任者のような立場であった高田という人物が失踪し、そのあとその代理役をやっていると聞いたのも被告発人梅野博之だったのです。

 前から記憶のはっきりしないところがあるのですが、市場急配センターの事務所が出来たのが平成2年の春で、前年の平成元年の秋か、あるいは昭和63年の晩秋になって、市内配達が金沢市場輸送から独立し、市場急配センターが出来たという話でした。

 最初に私が金沢市場輸送で被告発人松平日出男の姿を見たのが、昭和63年の8月の終わりか9月の初めで、その後、姿を見かけることも少なかったのですが、金沢市場輸送の市内配達の責任者となっていたのが、市場急配センターの社長になったと聞いたのです。

 最初に被告発人松平日出男の姿を見てから市場急配センターの社長になったと話を聞くまで、けっこう長い間があったように思うのです。また、市場急配センターが独立してからも市場急配センターの事務所が出来て移転するまで、けっこう長い間があったと思います。

 そういえば、先日呼んでいた安藤紀世さんの供述調書に、友達の友人の紹介で市場急配センターに入社したというような話がありました。私が聞いたのは峰田くんの紹介ですが、これは被告発人多田敏明の口から聞いたように思います。

 少し思い出したのですが、平成元年の12月には、被告発人大網健二との中古車売買のトラブルで、笹田くんが金沢港に私を尋ねてきました。そのあと金沢市場輸送の会社で、笹田くんと顔を合わすことはなかったかもしれません。

 すでに市場急配センターでの市内配達の仕事をやめていた可能性もあるように思えてきたのですが、いつも一緒にいた峰田くんも一緒に辞めている可能性が高く、辞めた市場急配センターに被害者安藤文さんを紹介したとも考えにくいことになりそうです。

 はっきりしているのは、市場急配センターの市内配達がまだ金沢市場輸送にいた頃、被告発人多田敏明の姿を見た記憶はなかったことです。

 平ボディ車でのイワシの運搬の仕事が終わった頃、YTと藤田博己さんの3人で、市場急配センターの事務所ができる駐車場に、大型車を移動させたのですが、そのときは影もかたちもなかった市場急配センターの事務所で、その場で中継場所にするという話を聞いていました。

 まだ平成2年の3月中だったと考えられるのですが、たぶん4月には市場急配センターの事務所が出来ていたと思います。金沢市場輸送で被害者安藤文さんの姿を見るようになったのもその4月頃と思いますが、かなり長い間、市場急配センターの事務員とは知らず、金沢中央卸売市場の職員かと思っていました。

 金沢市場輸送の運転手の間で被害者安藤文さんのことが話題になることもなかったのですが、KKさんが不本意なコンピュータ入力をやらされていると愚痴り、しばらくして群馬に帰ると会社を辞めたので、被害者安藤文さんの入社はその後か、少し前になりそうです。

 今考えると、市場急配センターの事務所が出来て移転する前、金沢市場輸送で被告発人梅野博之の姿を見た憶えがあまりないのですが、少なくとも事務所の机に座ることはなかったと思います。影が薄かったとも考えられますが、臨時代理の頃はよく姿を見かけ、忙しそうでもありました。

 被告発人梅野博之をパチンコオークラの店内で見かけたこともありましたが、長い時間やったり、お金をつぎ込むということはなさそうでした。顔を合わせば言葉をかわしていたと思いますが、一緒に仕事をするようなこともなく、じっくり話し込みことはなかったと思います。

 被告発人梅野博之の供述調書の初めの部分を読み直したところ、平成元年3月に市場急配センターで長距離運転手として働き始め、平成3年10月から配車係をして毎日、被害者安藤文さんや被告発人池田宏美と机を並べて仕事をしています、とあります。

 山梨から桃を運ぶのも長距離の仕事になると思います。しかし、これも時期的な一時的な仕事で、平成3年に私が市場急配センターで市内配達の仕事を始めた頃、早朝にまだ物置状態だった事務所の1階で、早朝に集まって仕分けのような作業をしていました。

 桃やぶどうを4トン車で運んでくるのは、被告訴人梅野博之か、もう一人の持ち込み運転手でした。名前を思い出せないのですが、9月に被害者安藤文さんの軽四にトラックをぶつけた運転手です。被告発人安田敏によれば、群馬県高崎市で事故死したとのことです。

 思い出しました。大倉さんです。大倉さんの4トン車は、保冷車ではなく荷台の箱の中が板張りとなっていたように思いますが、かなり大きな箱の4t車でした。長距離の仕事という話は余り聞かなかったのですが、被告発人梅野博之より専属性が高く優先的に仕事をしていたと思います。

 平成3年10月から長距離の配車をするようになったというニュアンスもある被告発人梅野博之の供述ですが、これは実際に配車をしていた被告発人東渡好信の存在を隠す方便とも考えられます。

 平成4年の2月頃になると、会社に来なくなったり、おかしな言動を見せるようになった被告発人東渡好信ですが、被告発人東渡好信が会社に来ない間も、被告発人松平日出男がやっていたのかと思われます。

 長距離運転手の経験がまったくない被告発人松平日出男に長距離の配車が出来たのか、今考えれば疑問ですが、裏で示し合わせた行動で、運行表を作成しながら指示を送っていたとすれば、すべて了解です。

 市場急配センターでの行き荷の大半は、七尾市の丸一運輸の仕事で、被告発人東渡好信が持ってきた仕事でした。

 平成3年11月中はまだ大型ウィング車に乗務し長距離の仕事をしていた被告発人東渡好信ですが、茨城県古河市の山三青果で、ベルトコンベアーに指を挟んで怪我をしたと言い出し、しばらく仕事を休んだ後、配車係をするようになりました。

 ちょうど私も山三青果の現場で一緒に積み込みの作業をしていたのですが、ずいぶんわざとらしい怪我の話で、仕事に支障が出るぐらいの怪我であれば、内出血ぐらいは起こしていそうです。そういう怪我の状態もまわりの人には見せていなかったと思います。

 市場急配センターを辞めると言い出した頃には、別の仕事を始めるような話もしていましたが、全体的な私の記憶が薄れています。精神病者を装うような言動が次第に目立つようになったのですが、私の被害者安藤文さんに対する不信感を効果的に高めるのが狙いだったと考えられます。

 そういえば、平成4年に入ってからは、電話でも被告発人東渡好信が出て運行の指示を受けた記憶が残っておらず、被告発人松平日出男が次の運行の話をしていたかと思います。

 なかでもよく憶えているのが、最後となった運行指示で、被告発人多田敏明を同乗させ東京に引っ越しの荷物を運ぶというものでした。その日の夜、金沢西警察署に出頭逮捕され、実現しなかった運行指示になります。

 その4月1日は、市場急配センターの一階で、被告発人東渡好信の姿を見ていると記憶にあるのですが、おとなしく無口であったように思います。不安定な精神状態の病人が、症状が良くなった状態で、たまたま会社に顔を出したように思える振る舞いでした。

 被告発人東渡好信と言葉を交わしたのか記憶にないですが、言葉をかわしているとすれば、書面に記述したものがあると思います。

〈〈〈 2021/07/30 17:04:51 Linux Emacs: 〈〈〈